インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

10号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【山一運輸興業株式会社】
山口県運送業界の若き雄が挑戦する 地元の地域活性の新しいカタチ

ちょっと変わった運送業者?
会員制サービスで、新コミュ創造



藤波 山一運輸興業は社会貢献をされている運送会社とお聞きしました。

島田 社会貢献か分かりませんが、そうなったらな、と(笑)。今年からコミュニティ・サービスを新たに始めました。

藤波 コミュニティ・サービス?事業の柱は運送会社なんですよね?

島田 そうです。運送業と産業廃棄物の処理、飲料ベンダーとしてのペットボトルや缶の資源売却、倉庫内作業のアウトソーシングを請け負っています。その事業を生かしながら、もっと、お客さまのお役に立ちたいと。

藤波 新規事業のサービスはどういったものですか。

島田 コンセプトは「新しいコミュニティのカタチを創造する」です。民間企業にできることで、ITも活用しながら、昔ながらの助け合いのコミュニティを地域に継承していけないかな、と。

藤波 具体的には何を?

島田 会員制のサービスです。会費の枠内で、各家庭の粗大ゴミや古い家具を、搬出も含めて承っています。

藤波 なるほど、搬出も含めてとなると、行政では対応が難しいサービスですね。運送業を行っているから、搬出などもノウハウがあるわけだ。

島田 あとは弊社スタッフをサポーターとして週に一回、会員様の家に訪問し、身の回りの困り事や生活にまつわるご要望を請け負ったりしています。


「税務相談」から「電球の交換」まで
前例のないサービスで地域貢献



藤波 生活にまつわるご要望、というのは?

島田 大きなゴミ関係の他にも、家事代行や農作業の助手、パソコン操作や電球交換、テレビのチャンネル設定まで、メニューは幅広いです。

藤波 専門的な要望にお答えするのは難しいのでは。

島田 実は税務の相談もあります。弊社でできないことであれば、業務提携している地元山口の他業種さんがいますので、そちらに紹介したり。弊社が窓口になっておつなぎしています。

藤波 確かに、専門家同士が連携していれば、サービスが拡充しますね。

島田 専門性の高いことを調べないまま、どこかに頼んで失敗するよりは、弊社を窓口にしてもらえた方が良質な業者さんを紹介できます。

藤波 こういうサービスをモデルにした前例はあるんですか?

島田 いえ、前例はないんですよ。でも、私たちは直接お客さまのお声を聴く機会が多いですから、山口のみなさんの声にお応えしたいのです。

藤波 公的機関の援助があっても良いサービスですよね。

島田 県からも承認して頂きました。このサービスは、地域の方々に安心してもらえる事業です。理解に時間がかかるかもしれませんが、徐々に知っていただき、便利に使っていただけるように、さらに広めていきたいですね。

藤波 口コミが広がりそうです。


目指すは全国展開
「運送業の新しい可能性」を拓く



藤波 会員制について教えてください。

島田 会費は一律で3、500円/月です。会員には四種類あって、サービスを受ける「一般会員」、助け合いコミュニティーの中核を担う「ファミリー会員」、弊社社員と同様にサポーター側に回った「CS会員」、会員さんのニーズに応じて働ける「SU会員」の四種類です。

藤波 会員さんの声は、どうですか?

島田 特にお年寄りの方から喜んでいただけていますね。弊社ドライバーにも、新しい発見があったりするようです。

藤波 そうですか。スタッフ側も仕事へのやり甲斐がアップしたのですね。

島田 仕事に誇りを持てるようですね。特に廃棄物のドライバーは、基本的に人と触れ合うことがなかったのですが、このサービスは直接お顔を合わせます。地域の人々と触れ合って、自分の仕事が社会に貢献していることを実感できるようです。

藤波 相手から直接「ありがとう」をもらえると、また違いますね。

島田 はい。ですから、これをどんどんと広げていきたいです。まずは会員数、1、000名を目指す。県内で成功したら、今度は全国へ。この事業は、私にとっても大きな挑戦なんです。

藤波 今、労働環境の問題も多く抱える運輸業界。山一運輸興業のような、新しい発想で、既存のビジネスに風穴をあける活動を期待します。

 

[ Dragon Point ]

高齢者の孤独死や、相続の問題が多い現代だからこそ、こういうビジネスは需要がある。安心・安全に暮らしたい中で、身の回りにこういう事業があるだけで気持ちが楽になるだろう。新規ビジネスとして徐々に伸びていきそうだ。ドライバーのやりがいもアップし、お客さんも嬉しい。コミュニティ・サービスが見直されている時代に合っているので、もっと多くの方に知ってもらいたい。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

山一運輸興業株式会社
代表取締役 島田 一城
山口県山口市小郡上郷流通センター西901-15
TEL. 083-934-8153 FAX. 083-934-8155
http://www.yamaichi.net/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved