インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

10号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【鮨・串揚・葡萄酒 貴心】
湯田温泉駅からすぐ 接待で喜ばれるもてなし鮨店

地方でもビジネスシーンに
使える個室完備の高級店を


 地方にはなかなか探せない接待に使える個室完備の高級店。山口県山口市湯田温泉にある高級鮨店『貴心』は、まさに地方にできたもてなすための料理店。オーナーの小笠原さんは地方の高級店にビジネスチャンスを見出した。2016年7月に満を持してオープンしたばかりのお店は、その読み通り、口コミで広がり、今日も予約客で賑わう。
 小笠原さんは、もともと出張や接待を数多く経験したキャリアウーマン。美食家で「せっかく食べるなら」と、銀座の高級店や有名店を食べ歩き、センスを磨いた。会社帰りに地元の店を訪れ、一人で飲んで、食べてから、帰ることもしばしば。そんな男前のオーナーが惚れ込んだのが、現在の料理長である赤瀬氏のひとさら。一切手を抜かない繊細な包丁さばきは肥えた舌を唸らせた。そして「鮨屋を始めたい」と料理長に声をかけたことがきっかけで『貴心』が誕生。店名は、オーナーの名前である「貴芳江」から一文字とり、心をこめて、という意味をプラスし、『貴心』とした。

こだわり抜いた器と料理

 ランチもディナーも予約制。ランチメニューは海鮮丼・穴子丼・お鮨・鮨コースの4つ。ディナータイムはおまかせの3コースのみを厳選。地元の食材を中心に仕入れ、毎日、その時おいしい食材を扱うため、メニューは組み立てを変えている。
 箸休めとして、酒のつまみになる料理も提供。フォアグラの鮨に始まるコースは、萩で揚がったしまえびの昆布締め、クリームチーズと明太子あえ、メロンのドライフルーツに萩産のウニを添えたもの、江戸前鮨の他、創作料理も彩を添える。器は繊細で優美な有田焼をすべて窯元で買い付けている。料理に合わせて選ばれる鮮やかな器の数々と、オーナーの審美眼を満足させた料理長の盛りつけは、舌だけでなく、目も楽しませてくれる。


素泊まりで泊まって
食べに来てほしい


 訪れる客からは「大切な人との記念日に」「落ち着いた個室でゆっくり商談を」「温泉旅行に訪れた夕食に」など、喜びの声をいただく。
 ちなみに藤波が思わずガッツポーズをした鮨の旨さは言うまでもないが、ガリにまで味付けをし、意匠を凝らすところはさすがの一言。
 今後の方向性について、オーナーと料理長に話を伺った。「まだ一年目なので、とにかく知ってもらうことに一生懸命です。紹介で来てくださる方とのご縁を大切に、人から人へ、じわーっと広がっていくと嬉しいです。いずれは山口県で鮨屋といえばここ、という5本の指に入りたいですね」とオーナー。一方料理長は、「毎日一生懸命なのでなんて言ったらいいか…。鮨を極めつつ、飽きられないように、変わったこともやっていきたい。地道にやっていくだけです。」と、淡々と努力を重ねる職人気質を見せる。繊細で上品な料理、心温まるおもてなし。湯田温泉でゆったりと過ごしながら、何度も訪れたい店である。

 

[ Dragon Point ]

おなかが「ありがとう」と叫んでしまうほどの高揚感!!リングに上がった時の、あのたまらない緊張感が料理からも感じられる。ちなみに、記念日など二人で訪れるならカウンター席がオススメ。目の前で料理長の、見事な包丁さばきを見ながら、美味しい料理を食べると話題も尽きない。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

鮨・串揚・葡萄酒 貴心
オーナー 小笠原 貴芳江
山口県山口市湯田温泉1丁目2−1白狐ビル1F
TEL. 083-933-0800 FAX. 083-933-0801
http://kigokoro-yuda.com/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved