インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

12号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【株式会社グレイトフルファーム/松岡牧場】
牧場の味をそのまま!夫婦で作る自家製チーズ

自社牧場のミルクで
オーダーメイドチーズ


藤波 どのチーズもフレッシュなミルクの味がします。

松岡 牛乳と塩のみで作られたチーズです。ミルクはハーゲンダッツの原料にも使われているブランドで、塩加減には創意工夫を重ねてきました。喜んでもらえると嬉しいです。

藤波 この『カチョカバロ』ってチーズはユニークなかたち。

松岡 テレビの「ヒルナンデス!」で取り上げられて、放送後30分で物産展にあった商品が全部売り切れになったんです。

藤波 すごい!オーダーメイドでも作ってもらえるのですよね?

松岡 はい。小売り店からの「こんなチーズがほしい」という依頼にこたえて作っています。当社はあくまで製造元なので、チーズの販売権はすべてオーダーした人のものです。

藤波 どんなリクエストが?

松岡 「スパイスをチーズに練り込んでほしい」など、さまざまです。柔軟に対応していますよ。

藤波 松岡さんと奥さまは2人とも北海道ご出身ではないとか。

松岡 私は名古屋、妻は滋賀出身で、北海道で知り合いました。この土地で酪農に取り組むというのはやりがいもたくさんあって、楽しんでいます。極寒の地で牛を育てながら、チーズをつくる暮らしは、なかなか大変ですけどね(笑)。

藤波 今後の展望は?

松岡 北海道生活から生まれたアウトドアライフに使えるグッズをやっていきたいですね。グレイトフルファームは、加工体験や食育など、いろんな体験ができる場にしていきたいです。

藤波 応援しています。

 

[ Column ]

牛が食べる“牧草地”にもこだわりがたくさん!通常の牧草地は1〜2種類の肥料のみを混ぜて牧草を育てるが、松岡牧場ではウニの殻など、有機的な肥料を牛糞に混ぜて堆肥にし、牧草地や畑にまいて育てている。捨てていたものを再利用して、なるべく自然に近く、そして豊かな牧草地を作り上げる。



[ Dragon Point ]

5kgのチーズに50リットルもの牛乳が使われている贅沢商品。味わいを決める乳脂肪の“カゼイン”を傷つけないよう、牛乳を搾乳しながら直接チーズの製造室に入れ、冷やしすぎないよう工夫している。



■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社グレイトフルファーム/松岡牧場
酪農家 松岡 慶太・智子
北海道厚岸郡浜中町姉別緑栄205
TEL. 0153-68-6400
https://www.grateful-farm.com/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved