インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

13号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【株式会社マルタニ工業】
土木・運送・レンタルで富良野を支える縁の下の力持ち

生涯現場主義の社長 従業員ケアにも熱い

藤波 土木、運送、除雪・・・いろいろな顔を持った会社ですね。
谷口 今年の4月からは、重機レンタル会社の「トルク」も始めました。
藤波 土木業界でのレンタルニーズは高いのですか?
谷口 多いときで月100台くらいは貸しています。北海道以外に、宮城なども。災害がありましたから、トルク設立前から、もう二年以上お貸ししています。
藤波 社長は今でも現場に出ているとか?
谷口 生涯現場主義です。
藤波 生涯現役。僕と一緒だ。
谷口 やっぱり後ろから指示するだけではね。現場に出ているから分かることがたくさんあります。うちは社員が意欲を持って働ける環境を重視しているので。
藤波 従業員はどのくらいですか?
谷口 約60名います。基本は従業員も現場に出ずっぱりなんで、会うことは少ないですが。
藤波 働き手不足な世の中だから、人のケアは大切だよね。
谷口 人材募集しても確保は難しいです。少子化問題の深刻化も最近実感してきました。ですから従業員の友人だったり、夜の街でプラプラしている若い子や、少年院あがりの子たちも雇ったりもしています。
藤波 社会貢献にもなりますね。
谷口 根性もあるんですよね、彼らって。
藤波 今後はどんな展望ですか?
谷口 近々の目標としては今季しっかり業績をだして、来春には従業員全員と温泉に行こうかと。決算手当も出せたらいいですね。
藤波 それは士気が高まる!
谷口 長期的な展望としてはトルクの分社化に続き運送も分社化しようかと。永続的に存続していける会社の土台を作りそれを若い世代へ渡す。それが私の仕事だと思っています。そしたら藤波さんのカバン持ちでもさせてもらおうかな?
藤波 いいね。現役で待ってますよ!

 

[ Column ]

マルタニ工業では、土木事業、運輸事業以外に、除雪事業を主要な柱として展開している。北海道の冬は厳しい。富良野では11月〜3月の間は降雪量が一気に増大するため、除雪が必要となる。夜12時から市内100ヶ所以上の施設の除雪を担当するマルタニの仕事が、富良野市民の生活を支えているのだ。


[ Dragon Point ]

空手少年だったという谷口氏。プロレスも好きで、入門テストを受けようとしたこともあるとか。仕事の傍らで、道場を開き、子どもの指導も行っているそうだ。富良野の地域貢献にも大活躍。


■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社マルタニ工業
代表取締役 社長 谷口 竜次
北海道富良野市学田三区
TEL/FAX. 0167-56-7822

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved