インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

19号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【株式会社マザーフーズ】
はじめてのおいしさ
手羽トロ唐揚げに夢中

食べにくかった部位が
一番人気商品に


藤波 これが噂の『手羽トロ唐揚げ』ですか!驚きのおいしさ!!プリプリしてジューシー。
柴田 食べにくく敬遠されていた手羽元をなんとか生かせないかと知恵をしぼった商品です。
藤波 こちらの会社は国産鶏肉の仕入加工販売から始まったそうですが。
柴田 私はもともと大阪で小さなスーパーを経営していました。ところが、大型店の開店で圧迫され、友人に勧められたのが焼鳥の手刺し・串打ち加工でした。当時は不安の声もありましたが、国内生産の串打ち工場が珍しく、取引量が増えていきました。
藤波 そんな中、『手羽トロ』はなぜ生まれたのですか。
柴田 鶏は部位によって需要が違います。当工場では、手羽元と肝が余っていました。命をいただいているからには肉切れひとつでもムダにしたくない。まずは自分たちで手羽元の骨を削いで、から揚げを作り始めました。
藤波 手間がかかるのでは。
柴田 実は想像以上に大変な作業にまいっていたころ、手羽元の骨を抜く機械にめぐり合いました。機械で抜くとスポッとリング状になるのです。それがより一層のおいしさを生むきっかけに。噛むと旨味のある肉汁があふれ出すのです。
藤波 味付けはシンプルなのに、噛むとジュワっと旨味が広がりますね!
柴田 肝の部位も低音調理した『肝煮』が評判になり、不需要部位はなくなりました。大量の肉を扱っているとつい生き物の命を頂いていることを忘れがちになります。感謝の気持ちを忘れず、お客様においしい鶏肉を届けたいです。
藤波 応援しています!

 

[ Dragon Point ]
やみつきになる『手羽トロ』は、いままで食べたことない食感!!口に入れただけでは、どこの部位か分からないほど。こんなおいしい食べ方があったなんて目から鱗。

[ Column ]
マザーフーズの登録商標商品「手羽トロ唐揚げ」「鶏の肝煮」はここで食べられる!!
【手羽トロや 北新地店】
大阪市北区梅田2-4-34 産光西梅田ビル1F
【KOTORI DELI 千林大宮店】
大阪市旭区大宮3-6-30
【KOTORI DELI 舞洲スーパーアリーナ店】
大阪市此花区北港緑地2-2-15
【葡萄の枝焼きとワインのお店 BRANCH】
大阪市北区天神橋3-2-2 NAGAYA200
【食彩処 あさ山】
大阪市北区梅田2-4-34産光西梅田ビル1F

株式会社マザーフーズ
代表取締役社長 柴田 佳昌

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

大阪府大阪市都島区都島本通2-14-18
TEL.06-6952-8286 FAX.06-6952-8501
http://mother-foods.co.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved