インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

19号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【味楽屡ゆきや/ニセコ フード コミッション企業組合】
ニセコのグルテンフリー
日本最高のこだわりをどうぞ

こだわったのは米づくり
ニセコの農作物コラボ


 ニセコに広がる見晴るかす田園には可愛い合鴨がスイスイ。鴨が雑草を食べ、糞が堆肥になるから、農薬も肥料も使っていない。
「安心安全であることはもちろん、おいしさも抜群です。この辺りは、羊蹄山の火山灰から湧き出る水が、日本最高の農作物を育てるのです。」
 この米とニセコの農産物にこだわったグルテンフリー食品を全国に発信しているのが『味楽屡ゆきや』の齋藤行哉さん。ふわふわの米粉シフォンケーキに、発芽玄米を使ったグルテンフリー蕎麦、米うどん、米生パスタ。なんと醤油やソースも、すべてグルテンフリーで提供している!
「私は、ニセコ町地域おこし協力隊第1期隊長なんです。安心安全で生産者の顔が見えるニセコ・ブランドを発信しています」。
 齋藤さんは、水田環境鑑定士の資格を持ち、ニセコの米の品質を守る。食品加工も行い、発芽玄米は工房にて、自家発芽させる。
 ニセコ周辺地域は100年前に文学者・有島武郎が農地開放し、稲作研究に没頭した歴史がある。 
 齋藤さんは、米農家が作る品質の良い米を、他社より高値で買うようにしている。「いいモノを作ってもらい、販売はうちが頑張る」。すべては地域が豊かになってこそ≠セと考える。
 「体に良いものは、おいしいがコンセプト。いくらグルテンフリーであっても、味が劣ると食欲が沸かない。あるご両親は、アレルギーを持つ子供が、ここではじめて麺を食べる姿を見て大感動されていました。そういったエピソードが私の活力になっています」。
 羊蹄山を背後に震災から立ち上がろうとするニセコの逞しさを感じた。

 

[ Dragon Point ]
おいしすぎて、ケーキから、蕎麦、ヨーグルトまで、手がとまらない!!『豆乳ケーキ』は、米粉でメレンゲを作り、大豆の皮までまるごと入っているので栄養満点。

[ Column ]
最近、販路を開拓しているのがアジア地域。ニセコには海外からの観光客が増えており、海外企業の進出も著しい。国によっては、日本人より健康への感度が高い一面がある。はるばる同地まで足を運び、おいしさが忘れられず、「自国でもこのようなグルテンフリー食品が食べたい」、「自国で販売したい」と言う外国人も多い。ケーキなどは冷凍で輸出している。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

北海道虻田郡ニセコ町中央通113
TEL. 0136-44-1400 FAX. 0505-846-8072
https://nisekofood.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved