インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

23号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【株式会社オリジン・エンタテインメント】
大きな障害を持ってなお
業界を前線で牽引する

奇跡の復活は仕事と
仲間のおかげだった


小橋 こちらは映像やイベントの制作会社になるのですね。
大西 テレビから企業のPVまで幅広く担当しています。もともと芸能業界が長く、2012年に独立してからも大手のメーカーやネットTVなどと多数取引させていただいております。
小橋 左片麻痺を抱えながら、お仕事をされていると。
大西 2016年5月に突然倒れたのです。動くことが難しい状態で、病院のベッドの上に2カ月・・・。するとクライアントさんが、「車椅子でも構わないから、大丈夫なら会議に来なよ」って。
小橋 暖かい言葉ですね。
大西 その人には助けられましたね。結局、私には仕事しかなかったんです。現在も車椅子生活で、時に杖も使いながら働いてます。
小橋 こういう状況になってから、何か変わりましたか。
大西 大きく変わりました。あれから、感謝の気持ちをもって仕事をするようになりました。人とものづくりをすることが改めて好きだと痛感。クライアントや制作チームもお金でなく、人柄を重視するようになり、いい人たちに恵まれました。
小橋 私もガンになって12年ほど経ちますが、周囲に助けられました。
大西 色んな人が励ましてくれました。時にはトランスジェンダーの友人たちが病室に来て、「大丈夫!私たちも手術をすると大変なの」と激励されたことも(笑)。支えになりました。誰も私がここまで回復するとは思ってなかった・・・。
小橋 障がい者のための社団法人をつくられたと。
大西 この身体になって気づいたことがあるんです。私のように車椅子に乗って映像の現場に来る人はいない。職業選択の自由はあるのかと…。
小橋 大西さんだからこそ、できることに気付かれたのですね。今後も第一線で頑張ってください。

 

[ Column ]

大西さんは左片麻痺で多くを失ったように思えたが、その時に足ることを知り、人への感謝が生まれたのだという。昔はテレビ業界にありがちな、人を怒って育てるタイプだったが、病をきっかけに、「人に優しい人間になりたい」という夢を持った。そう願って生きるうちに取引先も制作チームも人に恵まれるようになりました。


[ Tetsujin Point ]

私のガンの経験をよく知っていてくださり、これもご縁だから、お話ししてみたいと思ってくださり、今回のインタビューが実現した。病名は違えども、病で人生が変わった者同士。大西さんと話していると、心が動いた。


■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社オリジン・エンタテインメント
代表取締役社長・プロデューサー兼演出家 大西 裕治
東京都港区南青山3-5-4 City南青山302
TEL.03-6434-9272 FAX.03-6434-9273
http://origin-e.co.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved