インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

25号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【たいへい歯科】
10年後歯を残すメンテナンス
お口の中にいつも安心を!

虫歯にならない治療を理想の治療として

小橋 たいへいクリニックということですが、やはり院長のお名前とかけて。
小田 はい、泰平(ひろたか)は「たいへい」とも読み、「平和」の意味もあります。患者様のお口の平和を守る、という思いをこめて名づけました。
小橋 開院のきっかけは。
小田 平成25年6月に開院しました。勤務医だった頃も大変居心地の良いクリニックに勤めていましたが、自分の思う治療方針を突き詰めてみようと決意しました。
小橋 院長の思う治療方針とは何ですか。
小田 予防です。メンテナンスをきちんとした方は、対応しなかった方に比べ老後に残る歯が、10年間で平均2〜3本も違うと言われています。
小橋 歯ブラシをしっかりしないといけないのですよね。
小田 はい。ですが、歯ブラシだけで完璧に磨ききることはできません。定期的に通院して、虫歯や歯周病を作らないようプラーク除去や歯石の除去で、美しく保っていただくことにより、歯が長持ちします。
小橋 大切になさっていることは。
小田 来院者の主訴をまっさきに解決することです。「虫歯の痛みを和らげたい」、「歯周病の治療をしたい」などの困りごとには、すばやく、誠意をもって対応します。処置はスピード感をもって。早期発見、早期治療を心がけます。
小橋 今後の目標は何ですか。
小田 短期的には、院内の設備系を整え、さらに快適に過ごしていただくように充実させます。また、スタッフの福利厚生を整え、働きやすいクリニックを目指し、将来はさらに予防医療に力を入れた医院になるよう努めます。
小橋 三郷市民は、ぜひ来院を。

 

[ Column ]

子育ても頑張るイクメンの顔を持つ院長。お子様には、歯科が怖いという気持ちを少しでも和らげてもらえるように、キッズルームを設けスタッフ一同笑顔で接するよう取り組んでいます。お子様の健康のために同院が積極的に取り組んでいるのがフッ素塗布。フッ素を定期的に歯に塗ることで、歯質を強化します。小田先生は、月に一度、校医としても、小学校を訪れて、子供たちの健康守っているそうです。


[ Tetsujin Point ]

工学部出身という個性的な経歴をお持ちだそう。話題も幅広く、お子様のことや独立のタイミングなど、会話が盛り上がりました!プロレスもお好きだそうで、私との共通点もたくさん!私にも娘がいるのですが、手こずっている娘の歯磨きを相談しました。


■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

たいへい歯科
院長 小田 泰平
埼玉県三郷市三郷1-1-8ポケットパークビル1F
TEL. 048-954-7467
http://www.taihei-dental.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved