インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

25号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ツバコー九州株式会社】
九州全域のものづくりを全力でサポートします

新技術と知識で地域の未来を牽引

藤波 ツバコ―九州さんは、工場設備および動力伝導部品の商社ということですが、具体的にどのようなものを扱うわけですか。
 取引先の業種は自動車、製鉄、造船、食品、ロボットなど、多岐にわたる分野の部品をサポートしています。我々は商社ですので、具体的にはメーカーに機器を作ってもらうのですが、そこに必要な動力伝導部品および工場設備を購入していただく流れです。
藤波 部品販売業と競合するのでしょうか。
 私たちは、部品を販売するというより、技術を販売する会社です。まずは、より良い情報を提供し、ご提案をする。そして、必要な資材があればご購入いただきます。
藤波 となると、知識があり、提案できる社員の育成が重要ですね。大切にしていることは何ですか。
 商社は仕入れがないと始まりません。社員には「仕入れ先ときちんとした関係を築きなさい」と伝えています。当社にとっては、取引先も仕入先もお客様。当社が介在することで流通の流れを活発にしなければなりません。
藤波 九州といえばものづくりの気風がありますね。
 当社はもともと山口から北九州に地盤がありました。私が就任してから福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島と、九州全域を支えています。
藤波 社長の構想ですと、まだまだ飛躍しますね。
 企業は常に挑戦です。若い人たちには失敗を恐れず挑戦し、1〜2年先でなく10年後を見据えなさいと伝えています。50億ぐらいの会社にして、大きなものづくりなどの提案をしていきたいです。自発的に動ける人材を育成し、業界全体が潤い、地域に貢献できるように努力します。
藤波 期待しています。

 

[ Column ]

東社長は、九州を任されて以来、未開拓だった福岡から南のエリアに手を広げ、売り上げ9億から26億まで伸ばした。見つめるのは九州だけでなく、世界。会社では海外進出を見据えて、英会話を導入。東社長は「海外の仕入れ先を増やし、その良さを日本に広めたい」と話す。モチベーションの高い社員を育成し、その情熱は人と地域へ・・・。日本のものづくりの未来へと広がっている。


[ Dragon Point ]

福岡を愛し、地域を愛する東社長。九州の社長は、みなさん熱い魂を感じるが、東社長もその一人だ。


■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ツバコー九州株式会社
代表取締役 東 良浩
【本社】 福岡県福岡市博多区博多駅前1-4-4 JPR博多ビル9階
TEL. 092-260-1681
【北九州営業所】 福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-1 KMMビル3階
http://www.tsubaki.co.jp/kyushu

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved