インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

32号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

牛野文雄
伊佐米のグランプリ米に夢中
土にこだわる牛野さんの味

お米がおいしい≠アとに
気づかされる深い味わい


藤波 「伊佐米」というと、全国でも屈指のブランド米のひとつ。中でも牛野さんの米は伊佐米の賞に輝いたと。
牛野 伊佐米の味を競う「第一回こめわんグランプリ」(平成27年)で優勝しました。最終審査は、100名の来場者が炊きあげた白飯を食べる方法で行われ、皆様に選んでいただけました。
藤波 香りが良くて、甘い。まさに、お米本来の味わいです!
牛野 二代目農家として工夫を重ねてきました。米づくりはやはり、土づくりが重要です。また、減農薬を心掛け、厳選して使用する時も高価で良質なもの使って使用回数を減らします。さらに、このあたりは山水のダムがあって水も良く、朝晩や季節の寒暖差が大きいので、米が育つために良い環境です。
藤波 3キロで約1,800円とあって、まさに高級米ですね。
牛野 はい。以前、鹿児島で小さなおにぎりを作って試食販売していると、あるお客さんが一口食べて「500円値上げしなさい」と言ってくれました(笑)。おいしかったら値段は関係なく、買ってくれるのです。私のお米は九州だけでなく、全国の常連様に発送しています。
藤波 電話で購入できるのですよね。
牛野 電話でご注文いただくか、伊佐市の伊佐牧場直売所で販売しています。近所の親御さんが遠方で暮らす子供たちのために、地元の米としても送ってくれるなど伊佐地域の誇りにしてくれ、嬉しいです。私は、お客様が「お米がおいしいね」と喜んでくださるのが何よりです。
藤波 牛野さんのお米がおいしい(笑)。

 

[ Column ]

牛野さんの耕す土地は400アール。父の代から米農家で、2代目として兼業農家を始めた。ある時、「うちの田んぼを買ってほしい」との申し出があり、その後、耕作地を増やすことに。米以外にも、かぼちゃ、キャベツ、白菜、水田ゴボウなども作り「農家は休みなし」と豪語する。牛野さんの米を包む包装袋には、電話番号が記載されており、購入者があまりのおいしさに、直接架電してくる。お米は全国に配送可能だ。

[ Dragon Point ]

このお米におかずは要りません。そのままでも味わい深く、梅干しが一個あれば軽く2杯はいけます。甘くて、もっちりしている。これぞ本当の「ご飯の味」!一度食べてみてください。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

牛野文雄
代表 牛野 文雄
鹿児島県伊佐市大口小木原1238
TEL.090-7396-0445

■伊佐牧場直売所 本店
鹿児島県伊佐市大口山野1145-1
TEL.0995-29-3080
営業時間 月水木  10:00〜17:00
     金土日祝 10:00〜21:00
http://isaboku.com/market.html

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved