インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

4号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様を呼び込みたい
京都の集客請負人に会いにいく

知ってもらう仕掛け


藤波 力道山のブームから馬場さんや猪木さん、私の世代をピークとして、観客は減少しています。
振本 お客さまってどういったことを期待しているのでしょう。例えば、私はプロレスのど真ん中世代で、ドラゴン(藤波氏の通称)の大ファンなのですね。ファンの望みとしてはリングに上がって、コーナーポストからバンと飛んでみたい。ドラゴンスリーパー(技)をかけてほしい。それらが抽選であたるとなると嬉しいですね。
藤波 確かに。いつも昔からのやり方で、工夫がなくなっている。
振本 まずは、プロレスを知らない方にどう来ていただくかです。それにはプロレス以外のことで、興味を持ってもらうことが大切です。例えば、力持ちの男性にお姫様だってもらうことが大切です。例えば、力持ちの男性にお姫様だっこしてほしい女性や隆々の筋肉に触ってみたいおじいさんやおばあさんもいるかもしれない。そこを入り口として、女性や高齢者が連れてくる子供や孫が好きになってくれる可能性も大いにある。

集客のプロとその道のプロは別


藤波 私は始終プロレスのことだけ考えてしまうのですよね。
振本 プロとはそういうものです。専門性を追求すると一般のお客さまの気持ちとは遠くなる。でも、これはどうしようもない。固定概念のない人の意見は重要ですね。
藤波 今日はいい対談ですね。代表はアイデアマンでなかなかためになる(笑)。
振本 ぜひお手伝いさせて下さい(笑)。色んな集客の企画を提案させて頂きますよ。そして、多くの人にプロレスを知ってもらうお手伝いをしたいです!

 

皆幸一番株式会社
集客請負人 振本 一
京都府京都市伏見区横大路天王前27−3
TEL.075-604-5501
FAX.075-605-1041
携帯080-5300−0552
http://www.kaiko-ichiban.net

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved