インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

4号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスマンの身だしなみ
大地から生み出された商品 肌も精神も内面から磨かせる

大自然の力を借りて内側からの美を目指す


 目標は、内面と外見の双方から美しさをケアすること。空気や土、風、緑といった大自然がベースにある。代表の奥代氏の夢は「森林セラピーや農業体験で身体を適度に動かしたあと、古民家で炭酸パックを使ってリフレッシュしていただけるような体験コースをつくる」ことだそう。従来のエステサロンとは異なる、野趣味のある美容美学。農業、レストラン経営、古民家再生事業、発電事業など、多数の事業を手掛けているが、一見、脈略が無いようでいて、内容は「大自然の力を借りて内側からの美を目指す」という観点から一本筋が通っている。

 

炭酸パック「Plume ESSOR(プリュム・エソール)」


 人気の炭酸パックを手の甲に施してもらった。無骨な男の私が試して伝わるのか・・・と心配になったが、なんと購入者の25%以上は男性だという。同社が考える美は、意識の高い男性ビジネスマンに通じるのかもしれない。最近では人前に出る職業の男性にとって、肌や指先への気遣いはスタンダード。より健康的で、はつらつとし、清潔感が伴うビジュアルを目指す。男のパックはいまや当然のたしなみになったようだ。
 そもそも炭酸は医療現場でも床ずれの治療などに使われ、皮膚の再生に効果があるとされる。肌の隅々まで血液をめぐらせることで、新陳代謝を活性化、老廃物が排出され、肌がイキイキとよみがえる。市場に多く出回っているが、この商品の特徴は洗い落とさなくてもいいこと。塗ったあとに固まってペロっと剥がすだけで扱いが簡単。表面に膜をはるために、空気に触れる部分に炭酸が抜けていかず、肌への炭酸の入り方は通常の約10倍。パックをしてもらい、しばし瞑想。肌も精神も内面から美しくなりたいものだ。


株式会社ロゼ
代表取締役 奥代 博文
大阪府大阪市北区野崎町6-17 野崎町ビル1F
TEL.06-6809-5960
http://rose-japan.com

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved