インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

31号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社うんこくん
熊からネズミまでいなくなる
害獣対策に『ウルフンエキス』

オオカミの匂いでバリア
見えない柵をつくります


藤波 この茶色の水1本で、ネズミや熊まで遠ざかるのですか。
東出 この液体『ウルフンエキス』はオオカミ犬の糞と伏流水でできています。人間はほとんど匂いを感じませんが、嗅覚に敏感な動物たちは気配を感じてその場から立ち去ります。匂いで見えない柵をつくるイメージです。
藤波 どんな動物に効きますか。
東出 ネズミ、カラス、熊、イノシシ、鹿、ハクビシンなどに対し、稀釈率を変えることで効果が期待できます。鳩対策に使っている方もいるそうです。使い方は簡単。このようにペットボトルに入れた後、上部に小さな穴をあけ、かすかに匂いを発する状態で設置します。
藤波 人が熊やイノシシに危害を加えられるニュースが日々流れます。
東出 熊やイノシシは、何か理由があって里へ降りてきます。駆除する≠ニいう考え方で傷つけたり、殺したりするのではなく、共生する℃v考で対策しなければ、生態系が失われ、結果として人間も生きられなくなるのです。
藤波 こちらはウルフンエキスの他に様々な事業を行っているそうですね。
東出 実はうちのハイブリット犬は糞を採取するだけではなく、犬ぞりをひいてもらっています。ここにはブナの豊かな原生林があり、その山奥深くに入って伏流水を手汲みし、サポーターの皆様に配布します。また、都会で疲れた方や都会の子供達の休暇を受け入れ、自然に触れてもらう活動を行っています。
藤波 ここは自然と生きることを思い出させてくれる空間ですね。

 

[ Column ]

人里に降りてくることで世間を騒がせる熊。しかし、彼らは私たち人間にとってなくてはならない存在だ。彼らはドングリを食べ、その糞は土の栄養となって新しいブナを育てる。ブナなど日本に昔からある広葉樹は根をしっかり張って土地を保水し、美しい水の恵みをあたえてくれる。根が強く、土砂崩れなどを防ぐのも広葉樹である。オオカミはその中でも食物連鎖の核となる動物。生き物を守ることは、私たちの未来を守ることにつながる。

[ Dragon Point ]

『ウルフンエキス』を使う時も、害獣だから「いなくなれ」という敵意を持つよりは、「一緒に生きる」という気持ちを下敷きにする方が、不思議と効果がもたらされるのだという。考えさせられます。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社うんこくん
代表取締役 東出景子
株式会社うんこくん
山形県東根市泉郷甲808
https://www.unkokun.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved