インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

34号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社PORTO
看板もラジオ広告も一括管理!
オン&オフラインマーケの最新

より効果的な広告を出稿
媒体を統括的に支えます


小橋 広くてオシャレなオフィスですね。若い方が多いようですが。
吉田 当社は立ち上げたばかりで、20代を主力とする15名の企業です。母体は、ネット広告黎明期からの老舗企業VOYAGE GROUPとサイバー・コミュニケーションズ(CCI)が2019年経営統合した『CARTA HOLDINGS』で、空間をシェアしています。
小橋 こちらはどういう仕事を。
吉田 当社はネット広告とラジオや看板などのオフライン広告を一元的にデータ計測や管理・配信できるプラットフォームを提供しています。
小橋 具体的にどういうものですか。
吉田 例えば最近の事例ですと、看板広告は従来、固定掲載料で払うものでしたが、コロナ禍で人が街にいないとして、どの企業も出稿を躊躇されました。我々は広告を何人が見るかなど従来型の想定値ではなく、実際の人流データや注視率をもとに課金する看板広告により、より実態に沿った効果的なPRを提案。ネット広告と一元化して出稿や管理できるフォームを提供しました。
小橋 広告効果の検証性も高まりますね。顧客はどのような方が。
吉田 複数の広告媒体を統合管理し、安心してご利用頂けるプラットフォームのため、いわゆるナショナルクライアントで、車や化粧品を扱う有名企業が多いです。幅広く皆さまに使っていただけるように、ニーズに合わせて展開したいです。
小橋 これからの目標はどのように。
吉田 新発想でプラットフォームサービスを提供できる会社がまだまだ少ないため、若い感性で柔軟に切り開き、幅を広げて事案を固めていきます。
小橋 広告業界の構造変革にアプローチする仕事ですね!

 

[ Column ]

ネット広告は訴求するターゲットを絞ってPRでき、再現性が高いのも魅力。今やテレビCMをしのぐ力があります。しかし、オフラインメディアにもそれぞれの特色があり、同社はそれらを新たな発想で統括的にフォローし、あったらいいな、を実現するプラットフォームを提供しています。

[ Tetsujin Point ]

社名のPORTOは「ポート(港)」に「O(リンク)」をつけたもの。困った時にいつでも立ち寄ることのできる港のようになりたいとの願いから名付けられたそうです。頼りになる会社ですね。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社PORTO
代表取締役 吉田 大樹
東京都渋谷区道玄坂1-21-1渋谷ソラスタ15F
https://porto.cartaholdings.co.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved