インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

34号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社藤田左官
熟練左官だった父の名を背負い
外構・造園施工に誠意を込めて

直接請負だから良心価格
職人目線で細やかに相談


藤波 愛知県で左官業を中心に、造園工事、エクステリアなどを直接請負で手掛けられていると。
藤田 はい。当社は父が創業して60年目。私も小学生の頃から漠然と父の跡を継ぐものと思い、18歳から家業を手伝ってきましたが、父が二年前に急逝したことで、代表に就任しました。
藤波 左官業といっても、庭全般から壁まで幅広く相談できるのですね。
藤田 「木舞をかいて荒壁を打つ」というと今の若い人には分からないでしょうが、父はかつて寺社仏閣なども手掛けており、当社には熟練の職人たちがおります。私も、父と子とはいえ、師匠と弟子の関係。職人としては越えられない壁を感じるほどの技術を持っていました。
藤波 代表として変革されていると。
藤田 私なりに父を越えていかねばなりません。代表になった時、職人さんたちに「試しに5年だけ営業をやらせてくれ」と頭をさげました。それまで当社はブローカーが間に入った下請けの仕事が中心でしたのでその流れを断ち切ろうと。中間マージンをカットすることでお客様に直接、良心的なサービスを提供できます。私は職人をやってきた営業員なので、細やかなところまで相談でき、おかげさまで喜んでいただきます。
藤波 こちらはモデルハウスですよね。
藤田 自分たちで床張りをし、壁には「エコカラット」という新壁材を貼りました。お客様にサンプルを目で見て確認していただけます。今後は、大規模な施工案件も抱えており、それが終わるとコンクール出展なども検討中です。さらに自社施工の輪を広げていきたいです。
藤波 お父さんもきっと喜んでいますね!

 

[ Column ]

藤田さんは「お客様に喜んでいただく。そういった意味で、現場はひとつひとつがエンターテインメントだ」と話してくれた。藤田さんは、仕上がりに対して「ありがとうございます」とお客様が喜んでくださることを、自らの喜びとするのが職人の醍醐味であり、逆にそれを感じられなければ職人はできないとすら考える。藤田左官の職人たちは、先代から培った腕で、喜びある空間を作り、日々、感動を生み出している。

[ Dragon Point ]

お父さんもプロレスが大好きだったそうで、お父さんの供養としても今回取材を受けてくださった。きっと息子の成長した姿を見て、向こうで喜んでくださっているだろう。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社藤田左官
代表 藤田 伸往
株式会社藤田左官
愛知県安城市新田町吉池44-10
TEL.090-4799-6790
https://www.fujitasakan.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved