インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

35号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

農事組合法人 埼玉産直ネットワーク協会
諦めなかった米農家たちの
夢が結ばれた『加須の舞』

加須で酒米生産を目指し、
2020年国際メダルを受賞


大河内 こちら加須市は、埼玉髄一の酒米どころと伺いました。
松本 この辺りは昔からおいしいお米がとれる土地です。7年前、私たち地元の農家が集まり、この地で新たな挑戦を決めました。酒造好適米の生産を目指し、山田錦を種から仕入れ、農水省の認可をとり、当協議会を発足したのです。
大河内 昨年、そのお酒が高い評価を得たそうですね。おめでとうございます。
松本 2020年、『山田錦』を100%使った純米大吟醸『加須の舞』が『IWC 2020 SAKE部門』でゴールドメダルを受賞しました。酒米を始めた時は、「ここでは難しい」と周囲の反対にあいましたが、ようやく認められました。
大河内 諦めずに挑戦した結果ですね。食用のお米も新商品があると。
松本 加須のコシヒカリは『全国の米食味コンテスト』で1等米特A評価を受けたこともある名産品。皆さんに知ってもらおうと、パックごはん『パックまんま』を作りましたので味わってください。私が商品名を命名しましたが、そのままで食べやすい容器の形です。
大河内 ふっくらしていて甘いです。
松本 食味が甘いのが加須のお米の特徴です。お酒も冷やして飲むと芳醇旨口。ご飯は冷めてもおいしいので、おむすびや弁当にもぴったりですよ。
大河内 挑戦で、日本の自給率を守ってくださり、ありがとうございます。
松本 どんな形であれ、日本の農家・農地を守ることは大切です。そのためには、各地域の特性を生かして利益を上げ、農家の経営を守っていかねばなりません。今後、私たちは埼玉の米や地酒をさらに発信すると共に、現在は山田錦で米焼酎を作る計画も進行中です。
大河内 私にも応援させてください!

 

[ Column ]

『パックまんま』のご飯とあわせて、『アスメシカレー』はいかがですか。アスリート系の地元高校『花咲徳栄高校食実践科』の生徒が、美容効果が期待される加須産いちじくを使って開発したもの。全国のレトルトカレーでも第3位に入るタンパク質含有量33%の、おいしいアスリート系食品です。

[ Shiho Point ]

お米そのものがおいしいから、塩むすびにもぴったりです。これでおむすび屋さんでも開きたくなりました。『パックまんま』は一般的なお米パックと同じぐらいの価格。電子レンジ調理で手軽に味わえますよ!

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

農事組合法人 埼玉産直ネットワーク協会
専務理事 松本 愼一
埼玉県加須市上三俣1745-1
TEL.0480-44-8167

株式会社ばっかす
埼玉県加須市南町6-15
https://bacchus.saitama.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved