インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

35号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

かとうぎ農園
ネギ畑と夢を耕す若手
一念発起し専業農家に

利益を出して経営
小さな子供に農業の夢


 34歳で「農業一本」と決めて、5年目。加藤木さんは専業農家がほとんどいない茨城県水戸市中河内町で、先祖代々の土地を耕した。現在は特別栽培農産物の認可も取得し、耕地面積を拡大する。
 「白ネギ3ヘクタール、とうもろこし2.5ヘクタール、他にもレタス、ブロッコリー、にんじん、カリフラワーなどを育てています。この辺りの土壌は固いので甘いネギが育ちます」。
 とりわけ糖度の高いとうもろこしはブランドで選ばれ、直接購入する客も増えた。
 「市場出荷から、直売所販売に切り変えた時、利益が変わりました。そこで、サラリーマンを辞め、自分の足で各店を訪ねて売り込んだのです。利益が出れば人も雇えます」。
 加藤木さんは、将来、農園をブランド化すれば、農家同士の競争も促され、農業全体の魅力が高まると考えている。今後は、ハウスの導入や観光農園も計画。夢は、農業体験ができる農家ならではの保育園を作ること。「小さい子が農家を夢見ることが、我々農家の夢に繋がります。」と、農業への想いも肥沃である。

 

[ Dragon Point ]

茨城県水戸市から日本の農業を見つめる若い経営者。今後は営業力不足に悩む農家の力になり、より高く買って転売協力する仕組みも作りたいそうだ。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

かとうぎ農園
加藤木 孝嘉
茨城県水戸市中河内町234
TEL.090-1519-6855
https://www.katogifarm.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved