インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

35号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社AandI
挑戦を続ける若社長
営業コンサルタント会社

前代未聞の行動力
起業してから事業を検討


藤波 営業コンサルタント会社として法人化されたばかりと伺いました。
山本 2021年に登記しました。私は変わったタイプで、起業した時は何をするかすら決めていませんでした。「社長がカッコイイ」と思ったその瞬間、まずは登記し、その後社長たちに「経営とは何か」と聞いてまわったのです。
藤波 それまではどういうご経歴を。
山本 今23歳ですが、18歳で大手企業の金属加工工場に勤め、旋盤を担当しました。モノ作りは面白く、工場内の技能大会において最年少で優勝したほどでしたが、その時にやり切ったとの思いもあり、前々から興味があった営業職に転職したのです。
藤波 どういった営業ですか。
山本 驚かれるのですが、ネットワークビジネスを始めました。そこで300〜400人の前に立って説明し、人を動かすトーク力を身に付けました。もちろんこの商売に偏見があることも知って、商法なども徹底して学びました。私が、他の人と違ったのは、外の世界へも学びに出かけ、視野を広げていったのです。
藤波 自分をしっかり持っていますね。
山本 私はクライアントに対しても、その人のマインドを尊重します。自分の答えを押し付けず、まずはカウンセリングを行い、「今何をしたいか、夢があるか、それは本当に叶えたい夢か」を確認してから、それをもとにノウハウを伝えます。
藤波 将来の夢は何ですか。
山本 人を助けるために会社を作りたいと考えたので、誰よりも努力して会社を大きくしたい。将来は分身のような存在をつくり、事業を任せていきたいです。
藤波 有言実行が目に見えるようです。

 

[ Column ]

同社は営業コンサルティングを主なビジネスにしているが、営業に向かない新人はすぐにポテンシャルを生かせる道に転向させ、ビジネス領域を広げるようにしている。スタッフを採用する基準は今の能力ではなく、マインドの高さ。継続して日々努力できるかどうかを見極め、成長できる仲間を集めている。

[ Dragon Point ]

山本さんは主に個人営業パーソン向けの講座を開設。意志を確認した後、クライアントにイメージさせるトーク術などを教える。顧客には個人事業主として営業する方や、勤めているが営業力をもっと身に付けたいと考える人が多い。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社AandI
代表取締役 山本 直毅
兵庫県姫路市飾東町庄230-2
TEL.080-4451-6855
http://8-aandi-8.co.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved