インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

35号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療法人 利光会 五反田病院
大分県日田市から地域医療
最新の設備で元気な街づくり

医師一家が力を合わせ
スポーツ医療から外科まで


藤波 五反田院長は7人制ラグビー日本代表のチームドクターもなさっており、オリンピック選手も診ておられると。
五反田 はい。私も大学時代はラグビー選手でして、スポーツドクターになりたいと整形外科の道に進みました。父のあとを継いで5年前に院長として就任した時に、スポーツジムを新設し、リハビリをしながら治療できる体制を作りました。現在は地域の方々やトップアスリートの治療兼リハビリ施設として機能しています。
藤波 先代は外科医で、弟も外科医でいらっしゃると。一族で支えているのですね。
五反田 実は母の実家も病院で、一族が医師の家系であったため私も自然に医師を目指しました。父もまだ現役で、弟はガンや内視鏡などを診ています。他にも久留米大学や大分大学、福岡大学から専門医師のバックアップもあり、おかげで外科系の診療科を網羅して、地域医療を充実させることができました。ちなみに事務長は学生時代の後輩で、私が引っ張ってきました。
藤波 事務長も先輩には逆らえませんね(笑)。院長は、スポーツドクターとして飛び回っていると。
五反田 月に一度はチームに帯同して、世界各国を訪れています。私はアクティブなタイプであちこちを飛び回っているのですが、弟は堅実なタイプで病院を支えてくれます。コロナ禍でも弟がいちはやく感染病の危険を察知し、発熱外来やPCR検査体制を作り、新たに入院する患者さますべてに実施するなど素早く対応できました。
藤波 五反田病院について、今後はどのような構想を持たれているのですか。
五反田 今後は病院敷地内にコミュニティーを作りたいと考えています。診療だけでなく、ジムで鍛えたり、カフェや公園でくつろいだりし、当院を訪れる方々が笑顔いっぱいで元気になれる場にしたい。病院から街を明るくしたいのです。
藤波 治療中の選手に紹介したい!

 

[ Column ]

大分県日田市の『五反田病院』は66床、11の診療科を擁する、整形外科・消化器外科内科を軸とした地域の医療拠点。メディカルフィットネスジム、デイケア、住宅型有料老人ホームなどの病院併設施設も整備し、病院を中心とした医療・介護・予防という三本の柱で地域の方々からトップアスリートまで包括的にケアできる体制を構築。職員数も200人を超える。

[ Dragon Point ]

常勤医師8人、非常勤医師25人と共に、整形外科と消化器診療を軸にした11の診療科により総合的な医療を実践している。院長自身も含め各部位専門のドクターによる診療体制を整え、ドクター間で壁のない、患者さんにとって最良の診療を目指されている。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

医療法人 利光会 五反田病院
院長 五反田 清和
大分県日田市若宮町395-1
TEL.0973-23-8386
http://gotanda-hospital.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved