インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

36号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

有限会社国東建設
大分で免疫力を高める住宅
本当に『空気がうまい家®』

漆喰×木材を隅々に配置
家全体が呼吸をしている


藤波 ここ大分で徹底した健康住宅の新築物件を手掛けておられると。
北村 私たちが提案するのは『空気がうまい家®』です。住まいを森のような空気にする『音響熟成®木材』を使い、室内の化学物質を半永久的に吸着・分解する『幻の漆喰®』を塗り、竹炭入りの『清活畳®』を使用して作ります。
藤波 まず、『音響熟成®木材』とはどういうものか教えてください。
北村 樹脂分が多く、ねばりを持ち、水に強く、腐りにくい特徴を備えている南九州産の杉を、機械乾燥を採用せず、クラシック音楽を聴かせ、木にストレスをかけず熟成乾燥させてできる木材です。木材本来の保湿・保水・防菌といった優れた特性を保ちます。そして、この木材は時と共に美しいツヤを生み出すのです。
 床材は『音響熟成®木材』を分厚くカットし、自然な年輪による凹凸を生かす『うづくり』加工を施します。厚みが約4センチあり、天然の床暖材料になります。
藤波 『幻の漆喰®』とは何ですか。
北村 漆喰は天然の空気清浄機、除湿機として注目されています。実は、健康住宅に住んでも家具や衣類でシックハウス症候群に悩む方がいます。『幻の漆喰®』は光熱触媒といって光と熱に反応して化学物質や有害物質を吸収し分解します。健康住宅を謳う家は増えましたが、薬まみれの輸入建材を使用したり、せっかくの無垢材に塗料を塗ったり、表面は無垢材でも、奥には化学物質を含む合板が使われていたりということがあります。「空気がうまい家®」は、内装に関しては、そのような化学建材やビニールクロスを使わない最高峰の健康住宅なのです。人のためになる家をこの大分に建てていきたいです。
藤波 活躍を期待しています!

 

[ Column ]

北村さんの曽祖父は地域で知られた宮大工で祖父と父も建築関係と、建築一家の家系に生まれた。北村さんも大学で建築を学び、設計事務所に入ったものの、自身は「経営を学びたい」という希望があり、意を決してコンサル業に転身。その後、東京都内で飲食店を複数経営したが、創業者である祖父の他界をきっかけに、「後悔したくない」と帰郷。家業に戻り、真剣に建築と向き合うようになった。

[ Dragon Point ]

実は私は国東出身。国東に北村さんのような想いと勢いのある若手経営者がいると知って元気をもらいました!こんな経営者が故郷を盛り上げてくれるなら、将来は国東に戻って、『空気のうまい家®』でのんびり暮らすのもありだなと思いました。頑張ってください。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

有限会社国東建設
専務取締役 北村 一幸
大分県国東市安国寺916
TEL.0978-72-0834
http://www.kunisaki.biz
■Instagram @kunisaki_architects

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved