インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

36号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

御所市地域農業再生協議会
稀少な御所名産品が登場
大和野菜にシェア農園も

御所芋で贅沢な焼酎
豊かな農地を守る活動


 御所の作物は、御所に消える。舌の肥えた地元民は他所産品はほとんど口にしない。なんといっても御所は土に恵まれる。水はけ抜群の『御所土』。金剛山の山水で育つ『山麓米』は地元のみが知るおいしさ。大和伝統野菜―粘り気たっぷりの『御所芋』『宝楽ししとう』『夏わけぎ』も県外には出回らない。御所は土地が少なく、生産量が限られているのだ。
 しかし、現在、農家の高齢化が進み、御所の貴重な耕作地が放棄される事態に。ついに2018年、危機感の中で行政と約50名の農家が立ち上がり、『御所市地域農業再生協議会』が発足した。
 「御所のPRも兼ね、形が整わない御所芋B級品を贅沢に使った芋焼酎『みかけによらず』を作りました。土臭さを嫌い、芋のわずか2/3しか使わないため、透き通るおいしさ。初年度は550本、昨年は2,500本を生産しています」。
 御所は大阪から約1時間の立地。シェア農園や柿の木のオーナー制度も始めた。
 「御所農地は日本にとって大切な資源。地元民のセカンド農業も推進し、土地を守りたい」と壷井会長は決意を示す。

 

[ Dragon Point ]

私が推薦するのは、江戸時代から続く『御所柿』を100%使った、究極の柿シロップ『KAKIMITSU』。砂糖や水、添加物を一切使用しない芳醇な柿そのもののお味です。はちみつのように使っても良し、ヨーグルトに混ぜてジャムのように使っても良し。日本のグルマンにはぜひ、味わってほしい逸品です。柿の葉パウダーを使用していますので、身体も元気になりそう!

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

御所市地域農業再生協議会
会長 壷井 和子
奈良県御所市1番地3  
TEL.0745-62-3001
https://kashihara.mypl.net/shop/00000363146
■Facebook
https://www.facebook.com/gosegirl

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved