インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

36号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

Scent
抽象画×グラフィックアート
もっと生活の近くに作品を

エネルギーにあふれる
一点モノのデジタル画


 抽象画家であり、グラフィックデザイナーとしての顔も持つアーティストの川口慧也さん。生み出す作品は、力強い筆のぶつかり合いに、奥底から光が覗く抽象画だ。独自技法で、パソコンによってデジタル処理され、スマホケースやタオルといった雑貨、CDジャケットなど手近なモノに転写される。
 「パソコンで抽象画を作る独自の手法を編み出し、表現しています。私は見る人によって景色が異なる抽象画を、難しいものではなく、もっと身近にしたいと考え、雑貨というカタチでも販売しています」。
 物心ついた頃からモノをつくるのが好きで、小学2年生で絵画の賞に輝く。高校で理数系の勉強をしていたが、「向いていない」と感じ、3年生になって進路を変えて、絵の道を志した。芸大に進むにはすでに時間が足りなかったが、必死で巻き返して大阪芸大へ。絵画と造形について学んだのち、Scentを開業した。
 川口さんの創作は、構図とにらみ合いながら、何度も線を引いては壊す繰り返し。音楽をかけて作業を始めるが音が止まっても気づかず、静けさの中で集中する。グッズを手にとると、エネルギーが伝わってくる。

 

[ Dragon Point ]

Scentの作品が転写されたスマホケースやタオルといったグッズ類はECサイトで気軽に購入可能。「こういうグッズがほしい」とリクエストすると、川口さんが実現してくれることもあるとか。他にも、CDジャケット用や1点ものの抽象画、人物やペットの肖像画も柔軟に対応してくれる。インターネットなどから、気軽にお問い合わせください。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

Scent
代表 川口 慧也
大阪府大阪市鶴見区今津南4-5-9-101
TEL.090-8237-0914
https://r-scent.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved