インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

37号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

Heartich Farm(ハーティッチファーム)
元エンジニアがナス農家挑戦
分析力で日本の農業を明るく

経験×検証で技術向上
艶張り抜群のナス栽培


藤波 真岡市で3代続く専業農家を40歳になってから継承されたと。
賀川 これまで石油化学プラントエンジニアとして、世界各地のプラント建設現場を渡り歩いてきましたが、何か自分で事業をおこしたいという思いから、農業での起業を決意しました。横浜から家族と共に帰郷し、就農して今年で3年目です。
藤波 思い切った転身ですが、実際に挑戦してみて、農業はいかがですか。
賀川 まだ学んでいる段階ですが、ここには代々受け継がれた土と栽培の技術があります。それらを土台にして、先代と異なる境地を開こうと、耕作地を増やして販路を開拓、法人化を目指しています。
藤波 付近はナスの産地なのですか。
賀川 はい。市場でも栃木のナスといえば、品質に定評があります。私たち『Heartich Farm』のナスは皮の薄さと甘みに特徴があり、漬物にしても、焼いてもおいしいですよ。ネットで直接、全国の皆様に採りたてをお届けしております。
藤波 キレイなナス色ですね。ところで、前職の経験は何か生きていますか。
賀川 私はこれまで理系の道を歩いてきました。ですから経験と勘の多い農業の分野を数値化することに努めています。日々の収穫量と気温、日照量、降雨量を記録し分析することで、収穫量と環境因子の相関値を探りたいと思っています。また、土の微生物環境も整える施肥を心がけ、栽培技術を高めると共に、スタッフや次の挑戦者にも体系的に栽培方法を伝えられるようにしたいのです。
藤波 法人化を見据えておられると。
賀川 屋号『Heartich Farm』のHeartichとは、心も懐も豊かになるようにと、私が造った造語です。日本の農家の所得を向上させ、若者が農業へ憧れ、その一歩を踏み出しやすい環境を整えた法人を作ることで、日本の食の未来に貢献したいです。
藤波 農業の明るい兆しを感じます。

 

[ Column ]

『Heartich Farm』では、トライアル事業『ナスの株主プロジェクト』を実施中。消費者がナスの苗をファームから購入して、自宅で育てる企画で、最後の生育期間はファームに里帰りさせて、畑に植えなおす。農園のプロがおいしく仕上げ、収穫したナスは他の野菜と共に手元に届けられる。我が子のようなナスに、食への新たな視点も生まれそうだ。

[ Dragon Point ]

市場でもブランド価値の高い栃木のナス。早速家に帰って、大好きな漬け物にしてみよう!漬け物には小さいナスが人気なんだとか。近くでナスを眺めるとナス色が艶々!実がギュっとはちきれんばかりにしまっています。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

Heartich Farm(ハーティッチファーム)
代表 賀川 元史
栃木県真岡市寺内1356-3
TEL.090-5779-3448
https://heartich-farm.com
■自社ECサイト:日本全国に艶張り抜群の新鮮ナスをお届け!!
https://heartich-farm.com/
■じゃらん遊び体験:ナス収穫体験を通して、自然の遊びの中での学びをゲット!!
https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000214361/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved