インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

37号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

下町探偵事務所
台東区で困った人をお助け
探偵達が誠意をもって調査

明朗な価格提示と予算相談
心をケアしながら聞き取り


藤波 「お困りの人を助ける」探偵事務所とのことですが、スタッフ皆さんあたたかい雰囲気ですね。
屋代 私が事務所を開いたきっかけは自身が詐欺被害にあったからなんです。私は当社とは別で不動産会社を経営しているのですが、詐欺で1千万円に及ぶ被害にあい、加えて、いやがらせも受けました。その時、警察が動いてくれず、それなら自分でやろうと探偵学校へ通い始め、探偵事務所を開いたのです。
藤波 思い切りましたね。こちらは、どのような困りごとが寄せられますか。
屋代 「人探し」に始まり「ストーカー対策」、「浮気調査」、「盗聴器発見」などが寄せられます。警察にはあくまで民事不介入の方針があり、多くの事件において、なかなか腰をあげてくれない。事件として警察に動いてもらえるよう働きかける助言も含めて行います。
藤波 この事務所の強みは何ですか。
屋代 依頼者様の心をケア≠しながら相談に乗っています。私自身もかつて誰にも頼れず、探偵に頼もうにも価格や内容も見えにくく信頼できなかった。だからこそ当事務所は明朗な価格をご提示し、押し付けるのではなく、ご予算の相談にも応じながら、誠実に行います。
藤波 困っている方の問題解決に向けてどのような技術をお持ちですか。
屋代 思いをひとつにするスタッフが5名いて、心理分析やハイテク、行動派、戦略担当などそれぞれの強みを持っています。さらに当事務所は専門機材も充実しています。やはり結果を出し、依頼者様に喜んでもらえるのが一番。将来は、多くの人に頼りにしていただける事務所に成長させたいです。
藤波 精神面だけでなく、実力面でも頼れる探偵事務所ですね!

 

[ Column ]

同事務所では専門機材類を充実させている。『盗聴器発見機』や『充電器機能付きカメラ』、『眼鏡カメラ』、『コンクリートマイク』、『通電時盗聴器』など、現在生産中止になった珍しい機材も含めて多様に揃える。さらにITや粘り強い実働も駆使しながら、迅速で確実な調査を実施している。

[ Dragon Point ]

こちらは事務能力や技術の高さを持つだけでなく、相談者の心をケアしてくれるあたたかい探偵事務所。「利益を目指すよりも、依頼者に寄り添うことを第一に」がモットーだそう。頼りになりますね。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

下町探偵事務所
所長 屋代 裕司
東京都台東区根岸5-17-4バウハウス根岸501
TEL.03-6696-6443
https://shitamachitantei.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved