インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

37号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療法人社団樹徳会 佐倉整形外科病院
手外科に強い整形外科・眼科
佐倉市に木造建築で医療貢献

2022年11月リニューアル
佐倉市内に木造建築の病院


 2022年11月、同じ千葉県佐倉市内への移転リニューアルに向けて、無事に工事も始まったとのこと。おめでとうございます。なんでも日本でも珍しい木造建築≠フ病院と伺いました。
草村 ご縁あって、三井ホームさんと共に、環境に優しい木造約700坪の病院を建てることになりました。現在使用している建物は日常的に発生する自然災害への対策が万全とは言えず、老朽化もあります。2人の娘たちが次の世代を承継していきますので良い節目となります。
 規模感のある病院を木造建築で、と考えたのはどういった理由ですか。
草村 私は熊本阿蘇の田舎で緑に囲まれて育ちまして、木が好きなのです。当院は、心の通った医療の提供≠目指していますが、木造を基盤にした温かみのある病院は、患者さんや職員にとっても心地よいもの。整形外科の特性上、大腿骨頸部骨折の患者さんも多いのですが、歩行時に万一転倒した場面でも、木造建築はクッション性が高くリスクを軽減すると言われています。環境に寄与貢献することも、これからの地域医療にとって必要かと。
 木造建築の前例は少ないようですね。
草村 病院には最新鋭のMRI、最新鋭のオペ室など重量のある機器があり、重さに耐える建築技術が必要です。工事を担当する三井ホームさんは木造建築技術が優れており、このたびのご縁となりました。私も細部にこだわりました。壁の向こうは見えませんが、建築の段階で様々な工夫を凝らしています。断熱材はオーガニック素材を使用し、待合室は漆喰壁。私の実家に漆喰の米蔵があるのですが、漆喰壁は「呼吸をする壁」と呼ばれており、調湿性に富み、空間は気持ちがいいのです。患者さんも職員も含めて皆が心地良い空間を目指しております。

手外科の専門院として手術
AKA-博田法でリハビリ治療


 こちらは手の部分の治療に強い整形外科と伺いました。
草村 当院は整形外科の中でも指先から肩まで、「手の外科」と「肩」の分野の専門的な治療を行っています。手を専門とする医師は4名、肩の専門医は2名在籍しております。切断指再接着術、神経縫合術などの「マイクロサージャリー(顕微鏡下手術)」を担っており、救急外傷患者や、特殊疾患を受け入れる体制を整えています。
 手を命とするスポーツ分野の方もわざわざ訪ねてくるのでは。
草村 そういった方も多いですね。先日、釣りの業界では、レジェンドと呼ばれる釣り人・村田基氏が診療に来られ、肩の腱板断裂を治療しました。まさに国宝級とも言える国内有数の技を持つ釣り職人が頼ってくださるとあり、気持ちも高まりました。
 手や腕などの痛みに対し、手術をしない治療を行うこともありますよね。
草村 はい。当院はリハビリテーション『AKA-博田法』に力を入れています。手術に至らずともこのリハビリで回復される方は多くいらっしゃいます。私自身も自分が交通事故にあった時、身をもってAKA-博田法の回復力を体験しており、理学療法士たちが、研鑽を積み治療に当たっています。
 リハビリで治るならいいですね。

包括ケア病床の機能を有し
地域の人に喜ばれる病院


 地域医療の一拠点として、新型コロナウイルスは何か影響がありましたか。
草村 当院ではいち早く、徹底した感染症対策を行いました。手指消毒対策はもちろんのこと、発売すぐに検温カメラを設置し、院内でのPCR検査体制を整備。スタッフ教育はもちろんのこと、スタッフと患者さんから病院内にウィルスを持ち込まない持ち出さないように徹底しました。また、5月下旬の日曜日からワクチン接種のために病院を解放し、日常診療と区別した空間で蜜にならないように予防接種業務を行ってきました。地域医療に貢献するという気持ちで行っております。
 専門性の高さだけでなく、地域に根差した医療をなさっているのですね。先生は眼科がご専門で、リニューアル後は眼科分野にも力を入れるとのことですが、今後、どういった方向を目指しますか。
草村 あくまで地域の状況に叶った病床の充実が大切です。当院は地域包括ケア病床を33床中、10床用意しており、4つの大学病院の受け皿としての役割を担っています。また、超高齢化に向かって進んでいる同市においては、整形外科も眼科も同じくらい必要とされており、地域の人に信頼いただける病院でありたいと考えています。
 木造建設で持続可能な地域社会実現に寄与しますし、そのためのリニューアルでもありますね。楽しみにしております。

 

[ Column ]

草村理事長は眼科の医学博士。世界的に深刻な小児の近視から老人の白内障まで眼科医として患者に向き合いつつ、同病院全体の医師、看護師のマネジメントを総括。新築移転する新病院では、整形外科に加え眼科の名前も冠する。整形外科・眼科ともに大学病院との連携を強化し、地域医療に力を入れていく。

[ Corner Point ]

野球選手に限らず、指や腕の微妙な感覚を重要とする職業の方は多いですよね。私も以前、治療を終えて、はやめに復帰したいとはやる気持ちの選手を抑えて、「必ず医師がいいというまで養生するように」と伝えていました。手外科の話を身近に感じました。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

医療法人社団樹徳会 佐倉整形外科病院
理事長 草村 理佳
千葉県佐倉市大崎台4-3-5  TEL.043-483-2552
【系列医療機関】
■眼科美浜クリニック
千葉県千葉市美浜区真砂4-1-10
■海浜幕張眼科
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンF棟1階
https://www.sakuraseikei.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved