インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

37号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

有限会社兵藤農園
肉厚×濃厚な菌床しいたけ
農福連携で実る『豊あぐり』

障がい者雇用が6割で
皆が楽しく働いてます


 「おいしい高級しいたけというと、原木しいたけをイメージするでしょうが、私たちは菌床で負けない濃厚な味わいを出しています」と、兵藤さんが手にとった国産おがくずから生まれた『豊あぐり』。肉厚でふっくら。極力電力を使わず、自然に近い環境を用意し、現在3品種、約1万床が育つ。
 このしいたけを愛情込めて育てる従業員10名のうち6名は障がいを持っている。丁寧な作業が得意で、真面目。細やかに収穫するという。農業が担い手不足と言われる中、兵藤さんは農福連携に力を入れる。雇い主として障がいの特徴を理解するため積極的に研修に参加することも。兵藤農園は「ここで働くのは楽しい」と笑いのたえない職場で、従業員同士の信頼関係が芽生え、定着率も高い。
 「生しいたけは焼いて生姜醬油、乾燥は煮付け、冷凍は炊き込みご飯がおいしいです。乾燥や冷凍は、Amazonでもお買い求めいただけますのでご賞味ください。」
 目標はさらなる雇用促進。街ぐるみで生産量を伸ばし、皆が働ける環境も伸ばす。

 

[ Dragon Point ]

国産おがくずを使用。エアコンを使わず、自然環境に近い状態で育つ優しいしいたけ。豊橋市のSDGs推進パートナーにも登録された。また、障がい者雇用の分野ではハローワークから「生産量を拡大して雇用をお願いします」と頼まれるほどだとか。身体にも社会にもやさしい兵藤農園の菌床しいたけ、今後も発展しますように。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

有限会社兵藤農園
代表 兵藤 健吉
愛知県豊橋市松井町字松井45
E-mail.yutakaaguri@gmail.com
■Instagram
https://www.instagram.com/yutakaaguri

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved