インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

39号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

丸忠アーキビルド
温熱設計で心地よい
心と体にいい住まい

インフォームドチョイス
月1回の施主塾を開催


 木を使ったあたたかいモデルルームで出迎えてくれたのは福田一級建築士。「冬は暖房を入れずとも自然なぬくもりがあり、夏はエアコン1台を少し入れるだけで、全室が清涼に。断熱・気密といった配慮はこれからの建築における必須項目です」。
 福田さんは、大手ハウスメーカーで勤めた後、実家の工務店を継ぐべく京都に帰った。そこで地方ならではの「顧客第一主義」を目の当たりにする。お客様の要望に適う地方工務店の在り方を見つめた時、木を扱い、温熱断熱を得意とする著名な建築家・三澤康彦氏にたどり着いた。教えを乞うため、二年間かけて一級建築士も取得した。
 「先生の教えで大切にしているのは『インフォームドチョイス』です。医師が患者に治療の選択肢を示すように、建築家は丁寧な聞き取りのもと、根拠を明確にして顧客に選択肢を提示すべきという考え方です。建築士の知識不足は、施主に損失を与えます」。
 福田さんは、顧客の知識をカバーするため月に1度の施主塾を開催。「何十年も暮らす自分の家を、思い通りに建ててほしい」と語った。

 

[ Dragon Point ]

実家を継ぐべく京都に戻った福田さん。しかし、自らの家づくりを追求した結果、温熱環境に配慮した設計を目指すことに。父と反目した時期もあったが、父は福田さんが作り上げた家に足を踏み入れるごとに、次第にその快適さを認めるようになった。2021年、福田さんは、自らの道を追求する新しいブランド『丸忠アーキビルド』を設立した。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

丸忠アーキビルド
一級建築士 福田 翔伍
京都府宇治市木幡熊小路15-66
TEL.080-4390-4050
https://www.marutyuu.jpn.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved