インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

39号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療法人 惺陽会 札幌ふしこ内科・透析クリニック
最新機器と快適環境で
前向きに生きるお手伝い

特色のあるEAT治療
運動や食事もサポート


 2021年10月、札幌にオープンしたばかりの内科・透析クリニック。1階に診療室、2階に43床まで受け入れ可能な最新式透析ルームを用意。角田理事長は、院内にWi-Fi環境を完備し、近隣患者や旅行滞在者が気持ちよく、前向きに通える快適性を整える。
 「子供のころは相撲取りになりたいと思っていましたが、中学生の時に盲腸で入院し、医師の仕事を間近で見て興味を抱き、医師を志しました。そして医師になりたての頃に赴任した北海道の空の高さに度肝を抜かれ、この地に住みたいと決心し移住、札幌に念願のクリニックをオープンしました」。
 同院は、『EAT治療(上咽頭擦過療法)』という道内でも珍しい治療にも取り組む。頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、慢性疲労、不眠、自律神経失調など、今までの治療では改善しづらい症状が改善する可能性がある。
 「運動療法や栄養をサポートするため食事提供の仕組みも考えています。患者さん個々のニーズに合った方法で、楽しく元気に過ごして欲しい。全ての患者さんが元気に長生き≠オてもらうことが私の希望です」。

 

[ Dragon Point ]

設立したばかりで最新設備と患者の意向に配慮のある病院。先生は明るくてざっくばらんな方だから、喋っていると楽しくなります。「すぐやめよう」と思っていた患者さんも「もっと続けよう!」と前向きになり、楽しみに通われる方も。まだまだ元気に明るく生きましょう!

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

医療法人 惺陽会 札幌ふしこ内科・透析クリニック
理事長・院長 角田 政隆
北海道札幌市東区伏古3条2-2-22
TEL.011-789-0245
https://fushiko-cl.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved