インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

39号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社LogStyle
もったいないから生まれた一瓶
﹁必然のニラ醤油」が、魔法の味

すべてをおいしく変化
中毒性のある味わい


藤波 旨い!シャキシャキとした食感にコクのある甘辛さ。箸が止まらない。
時松 『ニラ醤油』という万能調味料です。名産品である大分県のニラを甘みのある大分県の麻生醤油に漬け込んでいます。ニラの茎のみでできた『必然のニラ醤油』、茎と葉っぱを合わせた『みんなのニラ醤油』、ほどよい辛さの『辛のニラ醤油』の3種類のシリーズを品揃え。いずれも深みのあるニラの甘さがより一層引き立った味わいで、ご飯や豆腐、餃子などなんにでも合います。
藤波 ニラと醤油がこんなにマッチするなんて知らなかった。着想はどこから。
時松 当社はもともと人気店『元祖辛麺屋桝元』を3店舗経営し、ニラの葉を大量に使用していました。ある日、使用せずに捨てていた茎の部分を「もったいないな」と思い、醤油につけてお店で出すと「旨い」と…。今では店頭とネットで月に2,000本以上売れています。
藤波 メディアにも紹介され、新たな大分グルメとして反響を呼んでいると。
時松 破棄食材を有効活用したとのことで、敏感な消費者からも興味を持ってもらえました。大分県産の素材のおいしさ、ニラの食感を生かすため、すべて手作業で丁寧に作っています。
藤波 そのまま食べてもいいし、何にでも合いそうだから料理好きも重宝する。ニラの魅力を再発見しました。
時松 2021年11月に製造工場が完成し、衛生面でもしっかり対策した生産体制を整えました。今バイヤーからの問い合わせも相次ぎ、飲食店への卸売りも増えていますので、これをさらに売り出していきたいです。
藤波 これはブーム到来だね!

 

[ Column ]

ご飯のおともに、豆腐にとなんにでも合う万能調味料。お店では、豚なんこつ煮とあえた逸品や、アボカドの刺身に沿えたメニューも人気。タルタルソースに混ぜてニラタルタルにしたり、ラーメンなどの味変アイテムとしたり、大活躍!時松社長に、一番おススメの食べ方を聞いたところ、玉子かけご飯に入れて、混ぜ合わせるのだそう。

[ Dragon Point ]

商品にニンニクが入っていると勘違いしたけど、ニラのアリシンはニンニクと成分が同じで、似たおいしさが生まれるのだそう。免疫力向上にも一役買う商品ですよね!お世辞じゃなく、本当に旨い。ご飯もいっぱい食べてしまいました。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社LogStyle
代表取締役社長 時松 秀史
大分県大分市松原町1-3-2
TEL.097-578-7328
https://shop.nira-shoyu.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved