インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

39号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都食肉市場株式会社
全国屈指の京都市場ブランド
伝統の技で安心安全を届ける

クリーンな環境でいい仕事
コロナ禍で業績は過去最高


小林 食肉市場とのことですが、どういった仕事をなさっているのですか。
宮田 当社は牛や豚の枝肉をせりで販売。ブロック肉や内臓やタンといったホルモンを加工・販売しています。
小林 隅々まで、非常にクリーンな施設にも驚きました。
坂井 創業113年目を迎えると畜場ですが、2018年に施設をリニューアルしており、世界最高水準の高度な衛生管理を徹底した施設となっております。
小林 国内には多数の市場がありますが、こちらの特徴は何ですか。
宮田 当市場は、全国の生産者から強い支持を受けており、北は北海道、南は鹿児島から丹精込めて育てた牛や豚が10数時間かけて、わざわざ運ばれてきます。その信頼に応えるべく、丁寧な作業を行っています。
小林 100年以上の歴史があるということで、皆さま誇りをお持ちですね。
坂井 特に処理を担当する職人たちは伝統の技を継承しています。また、京都はすき焼き・しゃぶしゃぶ発祥の地≠ナもあり、せりでは、市場で著名な精肉関係者が買参者となり取り行います。伝統を守りながらも、より安心安全で高品質なお肉を届けるべく努めています。
小林 今後の展開についてはいかがですか。
宮田 やはり、全国から1頭でも多く京都に多種多様なブランドが来ていただけるように努力し、「来てよかった」と思っていただける市場をつくることが目標です。
坂井 2021年、コロナ禍において、当社の業績は過去最高となりました。やはり私たちは現場の社員が大切ですので、環境と雰囲気づくりを大切に、皆がいつまでも働ける職場を目指します。
小林 さらなる発展を応援しています。

 

[ Column ]

京都食肉市場には、プライベートブランド商品もある。今のおススメはレトルト食品『牛ホルモンカレー』。コロナ禍で飲食店へのホルモン卸売が激減。同社はいただいた命を大切にしようと、家庭で簡単に楽しめるカレーを開発した。ホルモンはたっぷり200グラム入っており、臭みがなく、コクのある味がやみつき。Amazonで購入できます。

[ Maya Point ]

駐車場や入口で、従業員の方が「こんにちは」と爽やかに声をかけてくれて、非常に気持ちのよい市場だと感じました。隅々まで気配りを大切に仕事をされており、「命をいただく」ことについて、改めて考える機会になりました。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

京都食肉市場株式会社
京都府京都市南区吉祥院石原東之口2番地
TEL.075-681-8781 
http://www.kyoto-meat-market.co.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved