インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

39号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

かしわの葉レディースクリニック
西洋×東洋医学で寄り添う
千葉県柏市のよろず相談所

天然木の香りが漂う院内
あたたかい先生と漢方診察


有村 まるでご自宅にお伺いしたような温かさ。今年オープンしたばかりの女性クリニックだそうですね。
岡村 木の香りに癒される院内空間を作るのが私の夢でした。化学物質も排除して、国産材だけでこだわって建ててもらいました。まるで、森のクリニックのようなイメージになり、私もしあわせです。
有村 ずらりと並んだ瓶は漢方ですか。
岡村 漢方薬を構成する生薬が70種類並んでいます。患者さんへは、保険診療が可能なエキス製剤を処方しております。当院は、幅広い世代の女性に関するあらゆるお悩みを診療するクリニックですが、西洋医学に加えて東洋医学を組み合わせた考え方を特徴としています。
有村 自然の力を利用して治すのですね。
岡村 2千年の歴史を持つ漢方は、やはり優れています。その方にぴったりと合ったものをお出しすると即効的な効果を発揮することも。併用で薬の量を減らす効果を生むこともあります。
有村 病院は通いにくいイメージもありましたが、岡村先生はすごく話しやすい。
岡村 私は、いつも患者さんが大変な思いをして、ここに来てくださっただけで「ありがとう」という感謝でいっぱいです。診療はじっくりお話を聞き、最後は「もう言いたいことはないですか」と引き留めてしまうほどです(笑)。対話を大切にしています。
有村 将来の夢はなんですか。
岡村 髪が真っ白になったら紫に染めて、和服を着て診療することです。私はこれまで人に助けられてここまで来ましたので、開院することで何かの恩返しになれたらいいですね。この街はSDGsに取り組む面白い街で、私も貢献しながら街と共に成長したいです。
有村 柏市の女性が羨ましいです。

 

[ Column ]

2022年1月11日に開院。近隣の患者が待ちわびており、初日から予約でいっぱいになった。現在、予約がとりにくい状態になっているが、岡村院長は常に来院する患者との時間を大切にすることを忘れず、診療に応じてくれる。

[ Airi Point ]

女性はどうしても女性ホルモンのアップダウンに振り回されて不安定。私も活用している「低用量ピル」についてお伺いしたところ、漢方薬の併用で、困っている症状や副作用を減らせることもあるそう。ぜひ、都内にも別院を開設してほしい。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

かしわの葉レディースクリニック
院長 岡村 麻子
千葉県柏市若柴226番地41中央144街区1
アベニフ柏の葉102号
TEL.04-7137-2525
https://kashiwanoha-ladies.clinic

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved