インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

42号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

アートコンサルタント丸山事務所
経営・販売・展示に
アートクリエイティブ戦略

感性でコンサルする
丸山泰輔という仕事


 丸山泰輔の仕事はユニークだ。それは『アートコンサルタント』という看板にも表現されている。自動車業界をはじめ、各種業界の展示会プロデューサーであり、有名菓子店のパッケージをデザインする揮毫職人でもある。花店の全国プロモーションを指揮し、ブランディングを担うディレクターとしての顔もある。「丸山泰輔の感性で」それがクライアントの希望することだ。
 「私の仕事についてプロとアマチュアの違いを考えます。アマでもセンスがあり、いい表現は出せる。でも、プロはちょっとした違いがある。安全なものか、宣伝として有効か、お客さまは理解できるものか。そこがアートコンサルタントを名乗るうえで重要なのです」。
 これまで丸山氏はプロであることを大切にしてきた。それは自らプロデュースした展示会での誠実な姿勢にも現われる。
 「最初から最後まで現場に張りついています。飾り電球のひとつが切れたとき、交換してと言える人間関係を築いていることが大切なのです」。
 クライアント企業のチームと仕事をすることが増えた今、丸山氏が目指すことは、プロセスの共有。成長する集団クリエイティブで顧客心理を動かす。

 

[ Point ]

丸山氏の父も、クリエイティブな感性で企業にアドバイスを行い、自ら筆をとる暮らしをしていた。丸山氏は、大手自動車メーカーでプロダクトデザイン部署に勤務していたが、父の急逝を受けてあとを継ぐことを決意。父の代からの顧客のみならず、自ら感性に呼応する顧客を新規開拓した。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

アートコンサルタント丸山事務所
クリエイティブディレクター 丸山 泰輔
愛知県名古屋市守山区廿軒家1-8 ヴィルヌーヴ103
TEL.090-3467-6649
E-mail. tai1115hika0629@gmail.com
http://www.art-maruyama.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved