インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

42号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

池袋ひりゅう鍼灸院・大塚ひりゅう鍼灸院
健やかさと免疫を支える
現役教員夫婦の鍼灸院

ひとり一人にあった施術
1時間ゆったり総合治療


安西 木の温もりが優しい和のテイストのホッとする雰囲気。池袋と大塚どちらも便利な場所にありますね。
舘野ひろみ ありがとうございます。ありがたいことに、駅から通いやすい 立地となっております。
舘野立人 患者さんがリラックスできる空間をイメージして内装を手掛けてもらいました。
安西 体制の整った鍼灸院に安心感があります。私は昔から鍼治療を受けますが、色々なやり方がありますね。
ひろみ 私は患者さんの身体の状態を確認しながら約1時間かけて全身治療を行います。
立人 私は中医学的な観点と現代鍼灸的な観点の両面から全身治療を行います。
安西 どのような方が訪れますか。
ひろみ 最近は、パソコン作業やデスクワークの増加により身体を動かす機会が少なくなったため、それに伴う身体の不調を訴える方も多くなりました。また、季節の変わり目や気圧の大きな変化に伴う身体の不調を訴える方も増えております。
立人 本来、鍼は免疫力を上げるものなので、「未病治」という健康維持のためにもお越しいただきたいです。「来月忙しくなるから今のうちに行っておこうか」ぐらいでいらしてほしいですね。
安西 日ごろのメンテが大切ですね!

 

[ Column ]

教員でもあり、生徒を指導する立場にもある舘野夫妻が大切にしているのは、はり師・きゅう師の地位向上。これらは国に認められた国家資格者であり、一定の技術と知識を有することが証明された者しか名乗ることはできない。舘野夫妻は、ハードな勤務がいまだに多い業界に対し、働き方改革を実践すると共に、人間性の実践育成という意味で雇用を促進している。

[ Point ]

私は中学生の頃に柔道をしていて、ケガをきっかけに日常的に鍼灸を受けています。私が好きなのはズーンと響く立人さんの現代鍼灸。鍼灸を受けるとなぜか心も整って癒されるのでメンテナンスとして定期的に通院することをおススメします。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

池袋ひりゅう鍼灸院・大塚ひりゅう鍼灸院
代表取締役 舘野 立人
専務取締役 舘野 ひろみ
【池袋ひりゅう鍼灸院】
東京都豊島区南池袋1-7-20ジュネス南池袋110
https://hiryuharikyu.com
TEL.03-5396-7515
【大塚ひりゅう鍼灸院】
東京都豊島区南大塚3-45-7ザ・シティ大塚4階
https://otsuka.hiryuharikyu.com
TEL.03-5985-8091

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved