インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

43号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーケル・バイオマリン・ジャパン株式会社
美容・健康業界で話題沸騰!
南極海の恵み・クリルオイル

世界一美しい海で漁獲される
生命の源・南極クリル


吉岡 日本における『クリルオイル』の流通に10年以上の歴史を持ち、2022年には日本法人も設立されたと伺いました。
山本 当社はノルウェーの大手企業グループの一員で、約180年間の歴史を持っています。これまで優れた海洋技術でもって南極海に生息する動物性プランクトン『南極クリル』を漁獲し、市場に『クリルオイル』を供給してきました。南極は世界で最もきれいな海であり、クリルが大きな群れをつくるので漁獲しやすいのです。また、マイナス98度まで下がる過酷な環境で生き抜く力を持つクリルはクジラなど南極生物の生命力の源≠ニなる栄養素でもあり、素材としての魅力を感じています。
吉岡 なぜ、ここ最近で『クリル』が注目されるようになったのでしょうか。
山本 その栄養素は約50年前、米国の科学雑誌で注目されました。しかし、当時は、どこも資源利用できる技術を持っていなかったのです。当社の会長は、若い頃にクリルの存在を知って、興味を持ち「将来、資源利用できるようにしたい」との夢を抱いてきました。その後、子会社としてアーケル・バイオマリン社を創業したのです。
吉岡 クリルには人間にとって有用とされる成分が豊富に含まれていると。
山本 最も重要な要素は『リン脂質』です。通常は反発する水と油。その両方をなじませる特性は、体内で摂取された栄養素の吸収効率を高めます。細胞膜の主な成分は「リン脂質」でできているので、細胞への移行性が高まるのです。
吉岡 薬や他のサプリメント、食事と一緒に飲めば効果が高まるのですね。化粧品にも同じことが期待できますね。


様々な健康成分・効果をもつ原料
「オールインワン」なクリルオイル


吉岡 (サプリを味わって)カプセルタイプで飲みやすい。甘くて上品なお味です。
山本 一般的な魚類からとれる『オメガ3脂肪酸(DHA・EPAなど)』や『コリン』など脳や血圧に良いと言われる要素も詰まっています。さらにクリルの宝石のような赤色の正体は『アスタキサンチン』で、ビタミンEの1000倍と言われるほどの強い抗酸化作用があります。自身で酸化を防ぐため、オイルには防腐剤などの添加物が不要です。(写真のカプセルを指して)これは直販しているサプリメントですが、原料メーカーとして樽や小さいサイズなど多様な形状で提供しています。
吉岡 このタイミングで、なぜ日本法人設立に踏み切ったのですか。
山本 業界ではすでに愛用者が多く、認知は広がっている印象ですが、一般の方にはこれからです。日本人は原料へのこだわりが強いので、クリルオイルを知れば、質の高さで選んでいただけると確信しています。今年から日本国内でも肌への臨床試験を行い、弾力や保湿の面でいいエビデンスが出ましたので、論文執筆を予定しております。『オメガ3』の成分は女性特有の月経に伴う悩みなどにもアプローチしますし、『コリン』は血圧降下、認知機能のほか、運動機能もサポートすると言われています。消費者にとって、さまざまな健康効果を期待できる「オールインワン」なクリルオイルは必ず日本人に評価されるでしょう。


困難を乗り越えて漁獲成功
日本からの研究と発信加速


吉岡 なぜ、歴史的に難しかったクリルの活用に成功したのですか。
山本 クリルを最初に食べたのはロシアの軍隊で、缶詰をそのまま栄養素として摂取していました。クリルは凍らない強い身体を持っていますが、死ぬと品質が劣化するので運べません。当社は巨額の投資をして専用の船を開発。ホースで生きたまま吸い込み、船内で抽出して粉砕してから運ぶという方法を採用しています。ノルウェーは水産技術力の高い国であり、さらに昔からのバイキング精神は、私たちに困難を乗り越えさせ、未開の領域へと挑ませます。また当社は生態系を支えるクリルの持続可能な漁業を心掛け、サステナブルな企業であるとの評価を得ています。
吉岡 今後、日本における中長期的戦略にはどのようなものがありますか。
山本 思い起こすのはサーモンの実例です。日本人は最初、鮭を生で食べるのに抵抗がありましたが、大使館のプロジェクトにより日本の寿司文化から鮭は国際社会に広がりました。つまり両国の相乗効果です。クリルオイルは日本でこそ認められる商品ですから、同じ構想を持っています。添加物が含まれないからこそ、醤油など他の調味料と混ぜて活用できる可能性もあり、オイルを抽出したあとは良質なタンパク質が残るので、クリル由来のプロテインを作る計画が動いています。隣国の韓国ではクリルオイルが二日酔いに効くという大学の研究があり、大手水産会社では精子が活動的になるという調査もありました。可能性は大きく、私たちもこれさえあればという想いで定期的に摂取し、健康の基盤にしています。ぜひ、日本のみなさまの生活にも取り入れてほしいです。
吉岡 サプリではピュアなものが限られている実感です。聞けば聞くほど欲しくなってきました。

 

[ Column ]

設立から1年、現在は3名の日本法人。ワークライフバランスで知られるノルウェーの企業らしくワーケーションなど柔軟性のある勤務をする。ある時は、3名がそれぞれ、ヨーロッパ・沖縄・アメリカでワーケーションを取得したことも。楽しく仕事をすることを意識しているそうだ。

[ Point ]

「100%添加物なし」という点が魅力!ECのショップチャンネルでも発売しているので私たちも試すことができます。多くのサプリは食後摂取を促されることが多いですが、クリルは摂取効果を上げるもので食前食後いつでも飲めるため、便利です!

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

アーケル・バイオマリン・ジャパン株式会社
代表取締役 アネッテ・山本ハンセン
東京都港区港南2-16-1
品川イーストワンタワー7F SPACES
E-mail. info.japan@akerbiomarine.com
https://www.akerbiomarine.co.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved