インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

45号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

Fukuyama Beauty Interior 株式会社
空間デザイン料はゼロ円
納得のワンストップ施工

有言実行とスピード感
学びながら経営を実践


有村 デザイン料ゼロ円の施工会社とお伺いしたのですが。
福山 はい。当社は、インテリア・空間デザインから施工までワンストップで完結する建築会社です。社内には私を含む若手デザイナーの2名が在籍するデザイン部門と現場を数多く踏んだ平均50歳のベテラン職人部門があり、一体となって経営しています。
有村 まだ26歳、起業1年目とのことですが、とてもお早く独立されたのですね。
福山 私はインテリアデザインの専門学校に通いながら、昨年に学生起業しました。講義で「今後、ワンストップ型建築が鍵になる」と教わり、すぐ実践を決めました。自身が若くして起業し、苦労を知っていますから、皆様の起業応援≠ヘ自分のテーマ。デザイン料が無料≠ヘ応援の意味もあります。
有村 デザイナー体験型サービスとは、どのようなことなのですか。
福山 デザイン性より納得を大切にヒアリングしています。パース図を起こしながら何度も相談。お客さま自身がデザイナーと言えるまで徹底して伺うので、体験≠ニ表現しています。
有村 学生起業や革新的なサービスの実行など行動力がおありなのですね。
福山 有言実行とスピード感はテーマです。営業やサービス業の経験もあり、人と人だからできるデザインは私に合っています。今はAIがデザインできる時代。人間力と信用が決め手になります。経営者としてはまだ勉強中で、営業と経理業務も自身でやっています。どれだけ学びながら実践できるかが今の課題ですね。将来は、支店を展開して色んな満足を作り続けたいです。
有村 将来の発展が楽しみですね。

 

[ Column ]

高校を卒業してから営業職として、アパレルや建築現場を踏んできた福山代表。以前は、「営業が得意で儲けたい」と感じていたことから、「営業パーソンになりたい」という夢があったそうだ。しかし、将来を考えたとき「損得勘定無しで、人生で何か大きなことを成し遂げたい」と思い立ち止まった。デザイン料ゼロ円は儲からない仕組み。だが、何かしたい思いを大切に起業した。

[ Point ]

Fukuyama Beauty Interiorで、F.B.I。名前が覚えやすくて面白いですね。福山さんは「将来、頑張る若者を応援するような人間になりたい」と仰っています。今後が楽しみです。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

Fukuyama Beauty Interior 株式会社
代表取締役 福山 ジョージ
東京都新宿区上落合2-3-5-304号室
TEL.03-6823-7161
https://fbi-design.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved