インタビューマガジン『B.S.TIMES』。国内外のビジネスリーダーや文化人を専属の芸能レポーターが訪問して取材。隔月出版にて、フリーペーパーとWEB、Kindleにてリリースしています。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

インタビューマガジン『B.S.TIMES』
インタビューマガジン『B.S.TIMES』

B.S.TIMES InstagramページへB.S.TIMES Facebookページへお問い合わせ

46号紹介

渋谷365メンタルクリニック
渋谷の悩み相談医院
カフェのようなあったかさ

薬だけに頼らない
心を通わせる治療


 日差しがあたたかで、カフェのようにリラックスできる病院―
『渋谷365メンタルクリニック』。働く人のためのメンタルクリニック≠ニ称するが、働いていなくてもストレスを抱えたすべての方を受け入れるアットホームで安らぎのある空間だ。
 「医師と患者さんとの対話により劇的に症状が緩和される方も多くいます。私は患者さんと共に治療方針を考え、ライフスタイルを見直します。一般的にメンタル疾患は薬物療法が中心になりがちですが、当院では薬だけに頼らない治療をテーマにしています」と語る堀内院長。表情があたたかく、ふっと頬がゆるむ。
 堀内院長は青山学院出身でここが地元。中学の頃からフロイトを読むほど心≠ノ惹かれ、精神科の医師を志した。精神医療先進国イギリスに留学し、専門病院で長く勤めた他、街のクリニックも歴任したベテラン。専門性が高い精神科領域で病名にこだわらず幅広く診られるのが強みだ。
 「皆様のストレスをどのように和らげるか一緒に考えるのがスタイルです。職場や家庭の悩みに始まり、気分の落ち込み、意欲低下、不眠、慢性のうつが他院でなかなか治らないなどのお困りごとまで、お気軽にご相談ください」。
 土曜・祝日も予約可能。民間療法やセカンドオピニオンづかいも推奨している。

 

[ Point ]

堀内院長のお人柄がステキです。その口から発するコトバは語録にしたいほど。「我々はコロナでつらい時を生きたからこそ、一番大切な人は誰かに気づけますね」「一人ひとりの個性が全く違うように、当院の個性も人間(医療スタッフ)にあります」とのこと。優しさが伝わってきました。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

渋谷365メンタルクリニック
院長 堀内 智博
東京都渋谷区渋谷2-1-11郁文堂青山通りビル8階
TEL.03-6452-6700
https://365mental-clinic.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • 誌面紹介
  • レポーター紹介
  • イベント紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ
左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved