インタビューマガジン『B.S.TIMES』。国内外のビジネスリーダーや文化人を専属の芸能レポーターが訪問して取材。隔月出版にて、フリーペーパーとWEB、Kindleにてリリースしています。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

インタビューマガジン『B.S.TIMES』
インタビューマガジン『B.S.TIMES』

B.S.TIMES InstagramページへB.S.TIMES Facebookページへお問い合わせ

52号紹介

有限会社篠ア工務店/Cafe&Bar のぶきや
施主の理想と予算を実現する
地域密着55年の信頼と実績

家業を継いだ三代目
父との信頼、祖父への尊敬


吉岡 埼玉県蓮田市で地域密着、55年の歴史を持つ工務店だそうですね。篠ア凌希代表は3代目として就任されました。
篠ア 祖父の代で創業し、地域の住宅を長く手掛けてきました。私自身は2023年に代表を交代したばかり。経営は大変ですが、楽しんでやっています。
吉岡 地元密着型経営ですが、篠ア代表はもともと家業を継ぐ決意だったのですか。
篠ア はい。継承を見越して他社で5年間修業。外の世界を見て、3年前に帰ってきました。もともと工務店以外に飲食店経営にも興味がありましたが、実は当社はこの近所で『Cafe&Bar のぶきや』も経営しており、そのあたりも私の志向にあっていました。
吉岡 駅前店もオシャレな内装ですね。
篠ア 当店のデザインは某大手服飾ブランドが取り組んでいたインテリアを参考にしました。最大の特徴は檜の床を使っていること。檜の床はキズがつくと削って磨くなど、お手入れが欠かせないものですが、以前から和の建築物に強みを持つ、当社の技術やこだわりを表現しています。
吉岡 3代続いているわけですが、3代でそれぞれ経営のスタイルは違いますか。
篠ア 初代は経営者気質で大きく商いをしていましたが、私の父は職人タイプ。営業をせず、現場を大切にしていました。一方、私は祖父のやり方に取り組んでいきたいと考えています。現場を守る父と連携しながら事業を展開しており、父も経営面の一切を私に一任してくれます。
吉岡 信頼関係があるのですね。

予算に応じた段階的提案
和風建築に強い大工が施工


吉岡 篠ア代表は経営の他に設計部門も担っているとのことですが、スタイリッシュなデザインにセンスの良さを感じます。
篠ア 私は和に強みを持ちつつ、新しい素材やデザインを取り入れています。
吉岡 予算にあわせた複数種類の設計パターンを提案してくださるそうですね。
篠ア 当社は値段に応じて、プランを段階的に提案。現在、細分化した100のプランを提案できる工務店≠ニ謳っています。
吉岡 どういった流れになりますか。
篠ア まずはお客さまのイメージを聞いて、それに見合ったプランを出します。次に予算を計算しながら、増減を納得できるまで相談します。最初から予算の話をするとイメージが限定されますので、まずは施主様の理想から入りたいです。
吉岡 リフォーム、塗装から新築までお任せできますが、工務店が数多くある中で御社ならではのこだわりはありますか。
篠ア やはり和の建築に強いという部分です。一枚板などの木材在庫の保有率が高く、初代が購入した素材も多く残っています。施工にこだわりを持つ大工が多く、柱の中に壁を作る真壁和室も得意領域です。真壁和室はしっくい壁で湿気に強く、木の香りもしっかり漂う和室になります。

地元に愛される工務店
笑顔あふれる街づくり


吉岡 新築の人気プランはありますか。
篠ア 当社はローコストプランを用意していますが、一方でお客さまからは坪70万平均程度の標準プランが人気。地元の風土を理解しながら施工しています。
吉岡 工務店が近くにあると、アフターフォローしてもらえるのもいいですね。日ごろから周囲に伝えていることは何ですか。
篠ア 私はまだ25歳なので、年配の経営者などにはモノを言いにくいところがあり、苦労しています。しかし、スタッフには「仕事は本気で、休みも全力」と伝え、メリハリを大切にしてもらっています。
吉岡 創業者であるおじいさまからの教えとして守っていることはあるのですか。
篠ア 祖父からは、「地元から儲けるな」と言われてきました。当店は何より地元のお客さまを大切にしています。
吉岡 スタッフのみなさん、にこやかで楽しい雰囲気ですね。
篠ア ホームページに「私の笑顔を見に来てください」と書きましたが、周囲からも「よく笑ってるね」と言われます(笑)。
吉岡 駅前店をオープンさせたばかりですが、今後の店舗計画などはありますか。
篠ア 実は最近、東京の現場が増えたので、東京に店を出そうと考えています。東京では飲食店のご紹介が多く、飲食店の内装から始まり、飲食店の代表のご自宅などもご注文いただきます。
吉岡 夢を教えてください。
篠ア 幼稚園の設立と運営をやりたいです。この辺りは待機児童が多く、近隣で126名もいるそう。同級生たちも保育園がないと困っています。今、蓮田市とも相談しながら、2年計画で動いています。
吉岡 地元の方々の笑顔に繋がりますね。

 

[ Column ]

蓮田市なら、リフォームも新築も篠ア工務店にお任せ。リフォーム中で注文の多い施工は、壁の劣化に伴う壁塗装。壁は歳月と共に劣化が進み、水漏れなどが生じる。水漏れ施工は問題が発覚する前に予防した方が安くあがると言われているが、篠アさんに聞くと「施工後、約15年を目安に考えるといい」と教えてくれた。

[ Point ]

まだ25歳の若手経営者とは思えないほど、しっかりとした方です。将来を見据えて段階的に経営戦略を練っている姿が印象的。一方、現場に強いお父さまとの信頼関係を感じました。取材の日もお父さまは現場を守っていました。親子で頼もしいですね。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

有限会社篠ア工務店/Cafe&Bar のぶきや
代表取締役社長 篠ア 凌希
【本社】    
埼玉県蓮田市上平野1935-1
【駅前事務所】 
埼玉県蓮田市東6-2-3
TEL.048-766-9735
https://shinozaki-koumuten.co.jp

Cafe&Bar のぶきや
埼玉県蓮田市東5-2-6
TEL.090-2542-2002
https://3bss2.hp.peraichi.com
https://www.instagram.com/cafe_bar_nobukiya

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • 誌面紹介
  • レポーター紹介
  • イベント紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ
左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved