インタビューマガジン『B.S.TIMES』。国内外のビジネスリーダーや文化人を専属の芸能レポーターが訪問して取材。隔月出版にて、フリーペーパーとWEB、Kindleにてリリースしています。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

インタビューマガジン『B.S.TIMES』
インタビューマガジン『B.S.TIMES』

B.S.TIMES InstagramページへB.S.TIMES Facebookページへお問い合わせ

52号紹介

敬老園サンテール千葉
自由と自立をテーマに
尊厳ある暮らしを仲間と

専用運動プログラムにより
自分の足で長く歩きたい


吉岡 厚生労働省の元年金福祉施設とのことで広い庭にプール、個室など設備が豪華で、清潔感のある高齢者ホームです。こちらの特長は何ですか。
伊藤 他所と「自由と自立」の観点で見比べていただくと、どれだけ違うか分かっていただけます。私たちは自立が奪われると自由度が下がる≠ニの考え方で、選択式サービスを提供しています。買い物、食事のサーブ、郵便物の受取りなどを自立度にあわせて促し、価格設定から運営体制も含めて、住民に選択と思考を促します。また、自立意識のある仲間との生活は「自分でやらないと」という自覚を強めます。
吉岡 伊藤園長はもともとシニアフィットネスの専門家と伺いました。
伊藤 私は高齢者向けスポーツクラブを運営。行政との健康事業にも関わってきました。つまり、高齢者の身体について深く理解しています。ホームでは朝は全身、午後は歩行機能に特化した独自の体操プログラムを用意。看取り間際まで認知機能が低下しない方、3カ月で杖がとれた方、徘徊しなくなった方などの実例を出し、喜ばれています。
吉岡 今後の抱負はいかがですか。
伊藤 健康・長寿社会の実現を地でいき、自由と自立の延伸に力を入れていきます。高齢化社会において、いかに小労働で生産性を維持するかといった社会課題も乗り越えていきます。
吉岡 「入居相談員」として説明にあたっている神野氏はいかがですか。
神野 ご相談を頂いた方の、今までの人生をより豊かに充実したものとしてお過ごし頂ける唯一の場所だとお勧めをしています。介護付き有料老人ホームでありながら、より永く自立の状態を維持して頂く事ができ、いざ介護状態になったとしても、終の棲家としてお過ごし頂けます。ご入居後の笑顔を拝見すると、とても幸せです。
吉岡 とても良い施設で驚きました。

 

[ Column ]

伊藤園長はシニアフィットネスの専門家。かつてはパナソニックと組んで『ジョウバ』3号を開発したチームの一員でもあった。シニアの身体の専門家として、自立性を促し、買い物に行く、食事に行くなどの行動で、施設内外を歩くように考案。元は年金福祉施設という広くてゆったりとしたつくりの建物構造がそのプランを後押しする。

[ Point ]

キレイで快適な施設で暮らせるかつ、入居者が自分のことを自分で決定し、最期のときまで健康でいられる暮らしを私も選びたいと思いました。自分の親や自分自身も入居したいと思えるホームで、老人ホームのイメージが覆りました。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

敬老園サンテール千葉
園長 伊藤 知幸
入居相談員 神野 義英
千葉県千葉市中央区仁戸名町682-70
フリーダイヤル 0120-652-310
https://santer-chiba.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • 誌面紹介
  • レポーター紹介
  • イベント紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ
左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved