インタビューマガジン『B.S.TIMES』。国内外のビジネスリーダーや文化人を専属の芸能レポーターが訪問して取材。隔月出版にて、フリーペーパーとWEB、Kindleにてリリースしています。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

インタビューマガジン『B.S.TIMES』
インタビューマガジン『B.S.TIMES』

B.S.TIMES InstagramページへB.S.TIMES Facebookページへお問い合わせ

52号紹介

株式会社海心
電子レンジで焼き魚
チンしてカンタン調理!

特許製法にびっくり!
香ばしい焦げ目がある


 レンジでチンすると焼き魚ができる⁉ そんな夢のような商品が生まれた。調理はカンタン!本当に袋のまま電子レンジで4分〜加熱するだけで香ばしく、程よい焦げ目まで…。イザムもひと口食べて「まさに焼き魚ですね」とびっくり!
 「私たちは塩竈という港町で暮らし、いつも新鮮な魚が手に入ります。ですから魚をおいしく食べてほしい=Aという願いがありました。あるとき、レンジは調理器具≠ニ話す方がいて、それなら焼けないのかと閃いたのです」と発案者の山野辺代表。
 アイデアを共同開発したのは宮城県石巻市の加工会社『ミノリフーズ』。真空パックで圧力をかけた状態で蒸気を出し、膨らむときに水分と水分がぶつかり焼き目をつけるという技術で、特許製法を取得した。メディアでも話題沸騰。全国の百貨店やスーパーでも取り扱いが決まっている。
 「私たちは被災した地域。この商品が売れることで、漁師の生活が少しでも豊かになってほしい。また、これは手間なしでおいしい料理。高齢者や忙しい世代、若い世代にも魚文化が広がることを期待しています」と両名は話した。

 

[ Point ]

魚を愛する宮城県の企業がタッグを組んだ革新的な商品。私もレンジから焼きたての魚が出てきたのには驚きました。ところで、料理好きな私の得意料理に『バタームニエル』があります。ぜひ、これを特許製法でチンしておいしい製品として、海心さんと協同開発したいものですね!

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社海心
代表取締役 山野辺 忠広
宮城県塩竈市新浜町3-8-8
TEL.022-385-6780
http://www.kaishin-miyagi.net

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • 誌面紹介
  • レポーター紹介
  • イベント紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ
左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved