インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

33号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

山口産業株式会社
風船のように一気に膨らんで
10分で診察室・避難所が完成

コロナ禍で自社の知恵を
世の中に生かす商品を


藤波 これはスゴイ!風船みたいに膨らむテントと言っていいのですか?
山口 これは『メンブリーシェルターair』という、持ち運び可能な、膨らませて使える大型テントです。自治体や病院からPCR検査場所や隔離した診察室として問い合わせが増えています。
藤波 こんな広い空間なのに、膨らませた膜の柱のみで自立している!
山口 テントに使われている膜は、当社の開発した『MEMBRY(メンブリー)』というブランド膜です。柔軟かつ耐久性の良い素材で、これまで産業や農業用テントに活用されてきました。コロナ禍になり、この素材を使って、医療に役立つものが作れるのでは…と考えました。
藤波 どのように設置するのですか。
山口 設営は簡単で、2〜3名で設置したい場所に運び、空気を入れると10分程度で膨らみます。水を入れたウェイトを紐で結んで固定すると多少の風には動じません。部屋を分けて使いたい場合は、内部に間仕切りを付けることもできます。設置から9〜10時間は自立しており、片付ける時も簡単です。
藤波 メッシュの窓にエアダクト孔と装備が細やかですね。
山口 機密と換気の両方に対応できるようにしています。換気は2カ所出入り口と送風口で通気性を確保し、二重構造の窓を装備。スポットクーラーなどの冷暖房設置にも対応できます。付属品もすべてついて価格は1セット100〜120万円ほどで、レンタルも行っております。
藤波 コロナ禍で役立つのはもちろん、他の用途にも活用できそうです。
山口 当社のMEMBRYは、「Membrane(膜)」と「Brilliant(輝かしい)」の造語なのです。当社はテント膜の可能性を探りながら、街や未来を輝かせていくことを使命としています。
藤波 メンブリーでコロナ禍が明るくなりますよう。

 

[ Column ]

山口産業は創業45年、父を社長に製造や営業部門を担う4兄弟が柱となって支える。今回取材に応じてくれた山口信之さんは3男。米留学の経験を持ち、別の職種を模索していたが今ではテント膜の魅力と可能性に夢中だそう。全国8カ所に営業所および工場を持ち、スタッフは116名。どのエリアでも相談が可能である。

[ Dragon Point ]

テントと聞いて、キャンプ用をイメージしていたが、スケール感の違う頑丈な膜を備えた簡易空間だった。膜はグラスファイバーにテフロンをコーティングしたもので、耐用は30年以上!カラーバリエーション豊富で活用用途はあなた次第!

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

山口産業株式会社
製造部 部長 山口 信之
佐賀県多久市多久町3555-120
TEL.0952-74-2525
https://membry.jp
https://yumetent.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved