インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

40号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

atelier niko(アトリエニコ)
鹿児島から世界に向けて
個性あるチョコスイーツ店

チョコ&焼き菓子が魅力
可愛くて新しいお店です!


藤波 チョコレート、焼き菓子、ケーキがずらり!繊細でおいしそう。ここは遠方からも人が訪れる人気店と伺いました。
入船 当店atelier niko(アトリエニコ)はチョコレートを中心としたスイーツを中心に揃えています。素材にこだわったチョコレート、チョコ菓子、チョコケーキなどはオールシーズンで陳列。人気のチョコ菓子は1日の終わりにはほぼ完売します。バレンタインやホワイトデーシーズンは繁忙期。春の歓送迎会での贈答に使う焼き菓子セットもよく出ています。
藤波 入船さんはどういった経歴でパティシエになったのですか。
入船 実は私は18歳で建設会社に入社し、土木公共工事をしていたのです。業界に限界を感じて辞めた時、たまたま目に入ったのがケーキ屋の求人でした。そこでケーキにハマりました。皆様に喜んでいただけるのが何より嬉しかったのです。
藤波 かき氷も有名だそうですね。
入船 コロナ禍でケーキ屋のかき氷として、生クリームやフルーツの乗った一風変わったケーキ風の氷を考え出しました。珍しさもあって、SNSを見たお客さまが、宮崎や北九州からもお越しくださり、夏は大忙しでした。でも、来年はもうやめるかもしれません。
藤波 有名になったのにもったいない。
入船 私は他に誰もやっていないことをやりたい性格で、皆が真似しはじめた頃には、もう新しいことを考えたい。今考えているのは接触せずにスイーツが買える自動販売機。そして通販であまり世に出回っていない生ケーキを販売したいです。
藤波 生ケーキの通販は聞かないですね。ところで、入船さんの夢は何ですか。
入船 少し気恥ずかしいのですが、今日は藤波さんが来てくれたということで特別に口にしますね(笑)。私の夢は世界に当店の菓子を出すことです。世界のお客さまに、味わっていただけるような環境をつくっていきたいです。
藤波 入船さんなら、きっと叶いますね。

 

[ Column ]

リピート率が高い同店の売上のヒミツはパティシエの腕もさることながら、販売スタッフによるサービス力の高さにある。ホスピタリティを引っ張るのは2トップの販売員。さらに入船さんの母も含む9名のスタッフが一丸となる。あたたかいサービスのコツは「いつものことを当たり前だと思わずに、常に新たな気持ちで楽しくやること」だそう。スタッフの笑顔に惹かれまた訪れたくなる。

[ Point ]

頭がやわらかくて、面白い。いい意味で職人らしくないアイデアマンの入船さん。多店舗展開をしないのは、育ててくれたケーキ屋への恩義もあるそうで、「一店舗でできることに挑戦したい」と話す。あたたかい雰囲気のお店です。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

atelier niko(アトリエニコ)
代表 入船 和紀
鹿児島県鹿児島市玉里団地1-6-9
TEL.099-213-9825
https://atelier-niko.uplink-web004.com
■Instagram
https://www.instagram.com/atelier_niko1027

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved