インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

41号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

合同会社うんすい宅建
LGBTQフレンドリー物件
東村山市で福祉×不動産

住まいを確保しづらい
人のための仲介会社


 東村山市で弱い人々に味方してくれる不動産屋がある。書籍『きまじめでやさしい弱者のための「独立・起業」』の著者でもある阿部さんは、NGОや社会福祉法人で15年勤務。児童養護施設を卒業した青少年が不動産を確保しづらい状況を知っており、『宅建物取引士』の資格を取得していたことから、弱者を守る福祉と不動産を結ぶビジネスがあったらいい≠ニ考えた。
 「発達障がいの方や同性愛者も部屋を探しにくい現状があります。実は、私自身も同性愛者であり、それを私の個性として公表しています。正直、不動産屋というのは、どの会社でも同じ物件を扱える。これからは、私のように自分自身を前面に出して阿部さんだから、お願いしたい≠ニ言ってもらうことが、お客さまに選ばれる道です」。
 阿部さんの人柄や考えを知った共感者からは空き家の贈与寄付の申し出や競売不動産の相談、事業用物件の依頼などが名指しで入る。
 「うんすい宅建の社名は、その時その時の流れに身を任せ、全力を尽くそうという言葉『行雲流水』から。今後も私らしく力を尽くします」。

 

[ Point ]

18歳になると、児童養護施設で育った青少年は社会に出て自活しなければなりません。けれども、複雑な事情を抱えながら育った子どもたちは、社会と上手く折り合えず挫折することも多いそう。そんなとき、戻る実家のない青少年に、手を差し伸べたいと考えたのが阿部さんでした。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

合同会社うんすい宅建
代表社員・宅地建物取引士 阿部 浩一
東京都東村山市本町1-15-41アズロイヤル2F
https://www.unsuitakken.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

異業種交流会パートナーシップPlus

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved