インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

10号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【有限会社ふるあっぷ】
意匠を凝らしキレイにキッチリやるだけ

藤波 内装業をなさっているのですね。

飯沼 店舗から、個人宅まで、壁紙を中心に内装を手掛けています。依頼を受ければ、全国どこへでも行かせてもらってます。

藤波 業界は長いですか。

飯沼 独立して、22年です。壁紙は、一年中お客さまが見えている部分ですから、やりがいをもって、働いてます。

藤波 社員にいつも伝えていることは何ですか。

飯沼 対価で仕事を図るなと言ってます。家はお客さまにとって宝物。どんな仕事でも、やれることを精一杯やれと。うちは、私が厳しいので、若い子は逃げますね(笑)。

藤波 内装業の社長で大変なことは何ですか。

飯沼 発注作業が大変です。実は、こんなに取り扱い素材が多く、難しいのは、業界の中でも内装だけですね。

藤波 社長の原動力は何ですか。

飯沼 実は、学校をドロップアウトしてましてね。それで、反骨心ですかね、クロスをキレイに貼ることで、当時、努力できなかった分を取り返し、一流の仕事に努力できる人間でありたいという意気込みがあります。若い奴らにも、いつも努力しろと伝えています。

藤波 こだわっているところはありますか。

飯沼 あたりまえですが、
「仕上がりをキレイにキッチリやる」だけですね。意匠を凝らすことも目指しますが、まずは基本を誰もができるように。社員の技術力のアベレージを上げることを大事にしてます。

藤波 目指すところは。

飯沼 若手育成です。業界の平均年齢40オーバー。このままでは、ダメになるという危機感があります。一企業としてもPRをしています。

藤波 発展を期待します。

 

[ Dragon Point ]

内装業界の問題はやはり人材育成。外国人労働者の雇用も積極的に活用し、教育にも力を注ぐ。国に任せるのではなく、一企業としての努力も惜しまない。厳しく育てること、努力させることを伝える一方で、若い世代に魅力を知ってもらうPRも行う。現在は、PRビデオを作って、リンクできるQRコードを配布、地元の高校生に見てもらう企画も進行している。


■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

有限会社ふるあっぷ
代表取締役 飯沼 弘太
神奈川県大和市草柳3-6-4
TEL. 046-265-5335
FAX. 046-265-5339
http://fullap.co.jp/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved