インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

11号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【アイダ設計】
正直にまっすぐに 夢を叶える会社へ躍進

永久就職できる会社こそ顧客満足度が高まる

藤波 アイダ設計は現在、年商500億円以上の一大ハウスメーカーですが、創業のきっかけは?

曾田 最初は設計事務所をしていたが、下請け業務で、なかなか儲からず、姉に宅建の勉強をしてもらって不動産を始めました。社員が増えるたびに、彼らの仕事を作るために案件を取ってきたんです。下請けだとどうしても取引先や親会社に振り回されやすいし、騙されることも多い。父親も工務店をしていましたが、不動産屋に騙されて家族に苦労を掛けてました。その経験から、僕の家族には、金銭面だけは絶対に苦労を掛けないと誓ったんです。取引先や、社長の状況に左右されない、社員が安心して永久就職できる会社を作りたかった。

藤波 紆余曲折があったのですね。

曾田 計画的に大きくしてきたわけではなく、裏切られることもあり、事業をやめようとしたこともあったが、抱えている社員の生活を安定させるためだけに前進してきました。

藤波 ここまで成功した要因はどこに?

曾田 ことごとく嫌いな事をやってきたことかもしれませんね。父の工務店には、住み込みで見習い奉公の若い職人がたくさんいて、血気盛んな彼らによくいじめられて育ちました。おかげでいじめられることには慣れましたね(笑)。中学の頃には一通り大工の仕事が出来るようになっていましたが、調子に乗って屋根から落ちたから大工は嫌いになりました。高校で建築科に進んだものの、設計が一番嫌いで、大工は嫌い、工務店も嫌だ、父が騙された不動産も嫌い。

藤波 では、本当に嫌いなことを全部やったことになるのですか?

曾田 そうです。ただし、やり始めたら納得いくまで勉強し、騙されないように知識をつけてとことんやった。それが功を奏したと思ってます。

藤波 住宅は人生の中でも最も大きい買い物の一つになると思うが、どのような客層にアプローチしていますか。

曾田 アイダ設計のターゲット層はアパレルで言うとアウトレットに行く人たち、つまり、良いものをお得に手に入れたい人です。高級ブランドではない分コストを下げて、手の届く価格帯の商品を揃えている。戸建て住宅を諦めていた方にも戸建てに住む夢を叶えてもらいたいと思っています。主力商品は注文住宅と分譲住宅ですが、ただ安いだけでなく、営業から設計、施工、アフターフォローまで自社で一貫して品質を保つ体制を整えています。

藤波 最後に今後の展望を。

曾田 次の世代のために中間職をしっかりと育て、強固な組織にしていきたいです。企業に入った人間はまず会社のために力を尽くし、部下を育て、それを経て自分の生活が安定する。全力でお客さまの夢を実現できる人間を会社に集めたいですね。また、日本の家族構成が変わってきているので、分譲住宅も現在は4LDKがベースとなっていますが、間取り構成も融通がきいて、子供がいない世帯にもマンションではなく、戸建て住宅が持てるような商品展開が今後必要になってきます。次々と新しいものを作り成長し続けていきたいです。

藤波 今後の発展を願います。ありがとうございました。

 

[ Dragon Point ]

時には300人もの建設反対者同盟を相手に、市の担当者と共に説得交渉にあたるなど、まるでドラマに出てきそうな数々の困難を社長自ら表に立って解決してきた。全てにおいて直球で向き合ってきたことが感じられた。



■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社アイダ設計
代表取締役社長 會田 貞光
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-286
TEL. 048-650-0067 FAX. 050-3153-2000
http://www.aidagroup.co.jp/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved