インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

11号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【大森ヘルスケア株式会社】
健康野菜"ちしゃとう"が、台所の薬になる!

たった一ヶ月で肝機能が「異常なし」に!

藤波 「ちしゃとう」ですか。初めて聞いたなぁ。

岸野 世界中に流通している中国の野菜なんですよ。マイナーなのは日本だけなんです。

藤波 焼肉とかで、チシャ菜というのは聞きますけど。

岸野 茎レタスとも言いますね。レタスの原種で、中国では「台所の薬」と言われています。

藤波 体にいいんですか?

岸野 特に肝機能にね。僕自身も、その恩恵にあずかって。

藤波 これを食べて肝臓が良くなったんですか?

岸野 それまでずっと健康診断で肝機能がレッドゾーンだったんですが、自分で種を手に入れて、栽培したものを毎日食べていたら、たった一ヶ月で「異常なし」に。

藤波 それは凄い!

岸野 それでハートに火がついちゃって(笑)事業化しようと思って、薬学的に立証してもらおうと、岡山大学の薬学部と共同研究を始めました。

藤波 そこが、スタート地点だったのですね。

岸野 そうしたら肝機能だけじゃなくて、抗アレルギー作用の面でも立証されました。

藤波 それで特許も取得されたんですね。



決め手は抹茶製法 「味・色・香」がいい!

藤波 特許は日本だけではないとか?

岸野 中国でも取りました。向こうは早いですよ。取ってすぐ、四川のバイエル社から連絡がありました。「学術資料とサンプルを見たい」と。

藤波 「ちしゃとうパウダー」を持って行ったんですか?

岸野 驚いていましたよ。「どうしたらこんな色と香りと味を出せるんだ?」って。

藤波 確かにきれいなヒスイ色ですね。香りもいいし、味も抹茶みたい。

岸野 まさに抹茶の技術です。抹茶は石うすで挽いていましたよね。あれは熱を抑えるためなんです。その技術が、今も活かされています。

藤波 特許と技術があるから他ではまねできないんですね。オンリーワン企業だ!

岸野 製品としては他にミルクキャンディもあって、これは岡山県のドラッグストアでベストセラーです。

藤波 栽培は難しいんですか?量産とかも。

岸野 簡単です。この10年で国や学会で認められたり、少しずつ認知されてきたので、今後もますます広めたいです。



世界の健康野菜を日本の技術で逆輸出!

藤波 今後の展望はありますか?

岸野 現在の日本の花粉症の発症率は43パーセント。そこにぜんそくやアトピーや老人性乾皮症などのアレルギー症状も加えると、人口の8割近い数が患っていることになります。

藤波 世界規模で考えると、とんでもない人口になりますね。

岸野 さらに医療現場で処方される抗アレルギー剤は副作用がすごい。

藤波 僕も花粉症ですから、苦しみは分かります。

岸野 そういう人たちに喜びを感じてもらえるような戦略を積み上げていきたい。

藤波 混ぜるだけのちしゃとうパウダーなら、それも可能ですね。

岸野 えぇ。人は食べるものからできています。中国の「医食同源」ですよね。利益はあとからついてくると思いますから、まずは困っている人の役に立ちたいです。

藤波 まだまだ現役で走り続けるわけですね。ちなみに、今年でおいくつですか?

岸野 今年で71になります。

藤波 僕は70まで現役でやろうと思ってるんですよ。だから今日から、ちしゃとうを摂ります!

 

[ Dragon Point ]

岸野さんは60歳で「ちしゃとう」と出逢い、実体験を通してこれを広めようと思った。70歳になった今も、栽培指導から商品開発、学術研究、プレゼン、販売・出荷まで一人で担当していて、45年間の仕事人生で今が一番忙しいらしい。63歳で現役プロレスラーは私ぐらいだが、いやはや、今回ばかりは完敗だ。今回いただいた種は大切に育て、僕も70歳までの現役生活、いや生涯現役をがんばろう。岸野さんに負けず『ちしゃとう』パウダーの力を借りて!!



■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

大森ヘルスケア株式会社
取締役CEO(経営最高責任者) 岸野 章丈

岡山県北区大内田828-2
TEL. 086-293-1144
FAX. 086-293-7373
http://www.ohmori-net.co.jp/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved