インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

14号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【第7回 歪みをなおして健康生活!】
呼吸と歪み。パニック症候群は怖くない

BS社長 ここで施術を受けると、胃がギュルギュルと声を出して、いやーお恥ずかしい。

川口 体の歪みがもとに戻ると、胃が正しい位置に移動して、動き始めるのです。だから、胃が声を出すわけですね。

BS社長 えっ、胃や心臓が声を出して動くんですか。

川口 正確に言うと、背骨のまわりにある自律神経や、腸を動かす神経が正しい位置に戻るのです。それに合わせて、臓器も移動する。臓器は、正しい位置にくると、正しい働きを始めます。

BS社長 なるほど、息がスーッと通るのもそのためですか。

川口 そうですね。呼吸については面白い話がありますよ。歪みをなおすと、パニック症候群がおさまったという人がいるんです。

BS社長 パニック症候群って、例えばトラウマ体験があって、狭いエレベーターに乗ると緊張して、汗がだらだら出る症状ですよね。さすがの先生も、人の心だけはどうにもできないでしょう。

川口 確かに、心はどうにもできません。でも、歪みをなおすと、緊張しても呼吸に障害が起こりにくいのです。

BS社長 そういえば、呼吸ってそもそも、どういう仕組みなんですか。

川口 肺はただの浮き輪だとイメージしてください。周りの筋肉(横隔膜や肋骨)の動きによって膨らんだり、しぼんだりして、息をしています。リラックスしていると、自然にできる仕組みです。

BS社長 となると・・・緊張すると、筋肉が固まってしまうから、肺も収縮しなくなる。

川口 その通り。でも、歪みをなおすと、緊張してもすぐに筋肉は柔らかく戻ります。怖くなっても筋肉はさほど固まらなかったりということもある。心がドキっとしても、身体はギュっと反応しない。それを繰り返すと、心の方も、トラウマ体験を「なんだ、たいしたことないじゃないか」と認識するようになるんですね。

BS社長 なるほど。それでパニックが薄れていくのか。身体が心を癒すなんて、なんだかいい話ですね(じ〜ん)。

川口 私は、精神にアプローチすることはできませんが、筋肉にアプローチすることで、結果的に「パニック症候群」で悩む人たちの力になることができるのですよ。

BS社長 悩める人に教えてあげたいです。呼吸というと、イビキ(無呼吸症候群)や喘息、いろんな悩みがありますよね。呼吸でお悩みの方を見つけたら、とりあえず歪みをなおすように伝えたいですね!では、私はお腹がグルグル鳴って、昼飯を食べたくなってきたのでこれで失礼を。

川口 はい、お元気で。

 

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

痛くない歪みなおし TEASHIS

施術からセルフケアまでのゆがみに対するトータルサポートを行うTEASHIS(テアシス)グループ。体のゆがみは数十個のパターンに分類され、定型的な変位を起こすという。研究家として体のゆがみを解析し、独自のメソッドを広めている。TEASHIS(テアシス)グループは関西圏に15店舗を展開する。  

http://teashis.com/


【大阪府】東大阪俊徳道・大阪帝塚山・西田辺・四天王寺前夕陽ヶ丘・百舌鳥八幡・堺深井駅前・堺鳳・松原上田・河内長野南花台・河内長野本町・岸和田神須屋 【京都府】城陽長池・京都亀岡
【奈良県】奈良葛城当麻 【滋賀県】滋賀湖南

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved