インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

14号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【株式会社宮田農産業】
新潟が生んだ日本一の米 かがやく『みやた米』

流通までこだわった
ツヤツヤできれいな米


藤波 ホクホクだ!やっぱり日本人は米だね。

宮田 日本のトップブランド『こしひかり』の看板を背負っている人間として、プライドを持って米を作っています。

藤波 宮田さんの『みやた米』って、キレイですよね。米粒が輝いてる。

宮田 おいしいのは当たり前。当農園の米は、美しくがコンセプトです。

藤波 どうすれば、こんなに輝く米粒になるのですか。

宮田 秘密は選別にあります。整粒歩合70パーセント以上の基準で、すべて自社管理して、一等級以上の米粒にこだわっています。

藤波 徹底していますね。販売も、宮田さんのこだわりを理解し、納得して下さるお客さまにのみ直売していると。

宮田 お客さまの口に入るまで責任を持ちたいですから。

藤波 袋にはデカデカと『みやた米』の文字!ブレのないデザイン。

宮田 米は一年がかりで作るものですから、自信を持って良さを伝えたいんです。法人にしたのは、売らないといけないこともありますが、まずは素直にこだわりを伝えて、お客様に喜んでもらえるのが一番かな、と。

藤波 芋やナスもありますね。

宮田 休耕田で安納芋や泉州水ナスを栽培しています。安納芋は芋焼酎やスイーツの材料にしたり、ナスは味噌漬に加工したり。知ってもらうために、やれそうなことは、やらないと気が済まない性格です(笑)。

藤波 将来の夢は。

宮田 実は、うちの娘が米アレルギーなんです。食べたくても食べられない人もいるから、力になりたいですね。

藤波 宮田さんの行動力で実現してください!

 

[ Column ]

高品質の米作りのために、宮田農産業では様々なこだわりを貫いている。有機質資材・ケイ酸・リン酸を投入した土づくりと肥料の改良。『コシヒカリ栽培暦』という指針に基づいた栽培管理の徹底。1.9ミリという特殊なふるい目による選別。高品質判定機械の使用。消費者ニーズと農家の栽培管理指導の徹底。そのかいあって、平成17年に、「みやた米」は日本一うまい新潟米に選ばれた。



[ Dragon Point ]

米以外にも安納芋(あんのういも)や泉州水ナスなど、土地の特徴を生かした、作物づくりがポイント。失敗をおそれない挑戦心で、南魚沼の土地と水からおいしい野菜が採れることを証明している。



■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社宮田農産業
代表取締役 宮田正人
新潟県南魚沼市丸池新田22-5
TEL. 025-775-7977 FAX. 025-782-4274
携帯 090-2316-6210
http://miyatamai.net/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved