インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

14号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【一般社団法人Liberta Cuore(リベルタクオーレ)】
姫路・セカンドライフ 応援カウンセラー

幼い日の夢を思い出し
なりたい自分になる


藤波 どういう相談が多いのですか?

松村 昔のように終身雇用ではなくなってきた今、非正規社員の方が増え、いつやめさせられるかという不安を抱えています。特に、将来の不安を抱えている中高年の方も多いです。

藤波 そういった方にどういったアドバイスを?

松村 自分の経験からアドバイスをしたくなるのですが、それでは意味がありません。答えは自分の中でしか出せないのです。とにかく相手の話を聞き、ご本人が答えを出せるように導きます。

藤波 具体的にはどのようにして?

松村 子供の頃に、何になりたかったかということと、ご両親に言われたことで深く心に残っていることを思い出してもらいます。人は、9歳までに人生の基盤が決まると言われています。その時期にどれだけ愛情を受け、どんな言葉をかけられてきたかが、人生にとても大きく関わってくるのです。

藤波 子供の頃の夢に答えがあると。

松村 はい。様々なしがらみや経験を積み重ねることで、自分の本当の願いが、歪んだり、消えてしまいます。だから、自分が何をしたかったかがわからなくなって不安になったり、息苦しさを感じたりするのです。

藤波 要するに自分をしっかり見るということですね。

松村 はい、それに尽きます。とにかく自分自身をよく理解することが大事です。なりたい自分になるには、まず自分を知ること。奥底にある願望が表現できれば、心が自由になって願いが叶い、夢も広がります。

藤波 願いが叶うカンセリング、わくわくしますね。

 

[ Column ]

もともとは製薬会社に勤務されていた松村氏。家庭の問題でカウンセリングを受けた時、自分の話を聞いてもらっているだけより、他の人の話を聞く方が、問題解決のヒントになるのではないかと思い、学校に通うことになったのがカウンセラーになるきっかけ。定年退職後に独立し、現在は心理学を学びたい方やカウンセラーになりたいという方へのセミナーも開催している。



[ Dragon Point ]

話を真剣に聞きながら、ゆっくりとした口調で穏やかに話される松村さん。「なんでも受け止めてあげるよ」という感じが伝わり、話しやすい雰囲気。相談できる人がいるのは安心です。



■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

一般社団法人Liberta Cuore(リベルタクオーレ)
代表理事 松村博志
兵庫県神戸市須磨区中落合2-2-8-706
TEL. 090-7774-4690
https://libertacuore.amebaownd.com/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved