インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

14号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【MYA-K Art Studio(ミャクアートスタジオ)】
手描きだから 感動が生まれる

壁画で地元をPR
飛び出しそうなイラスト


藤波 すごい迫力!どういったところに描かれるのですか?

勝井 看板や外壁、シャッター、内装といったものから、駅構内の大規模なラッピングや車のラッピングなど、ご要望に合わせて企画・制作しています。

藤波 手描きとなると印象が全然違う!あまり見ないですよね。

勝井 はい。デジタル化が進み、手で描く人が少なくなってきています。写真や文字を使った印刷物を貼るのではく、手描きで仕上げたモノには、温かさや親しみやすさが感じられ、建物全体の存在感を演出することができます。

藤波 広告としてもインパクトは大きいでしょうね。

勝井 そうですね。視覚効果は抜群ですので、印象に残りやすく、知名度アップや集客の効果は大きいと思います。

藤波 これまで描いたもので印象に残っているものはありますか?

勝井 それぞれに想いのある作品ではあるのですが、中でもJR貴生川駅での構内看板、壁画、階段に忍者の絵を描かせていただいたことは、印象に残っています。

藤波 地元のPRにも一役買っているわけだ。

勝井 ペイントが町おこしに活用される事例は多いです。農業倉庫や公民館の壁にも、PRとなる絵を描かせていただきました。

藤波 将来はどんな広がりが期待できますか。

勝井 日本国内のみならず、海外も含めいろんな場所に行き、その土地ならではの特色を活かした壁画を描き、壁画マップを作るのが夢なんです。

藤波 素晴らしい。世界のあちこちでミャクアートスタジオのイラストとめぐり会えますね。

 

[ Column ]

同社は京都芸術大学の工事の仮設囲への壁画を制作。在学生と共にプロジェクトを立ち上げ、企画、提案、施工をしたのだとか。制作したのは遊び心を取り入れたトリックアート。学生にとって最高の経験となった。勝井さんは、今後も様々な大学や高校と連携したアートを作っていきたいと、共同制作事業を模索している。



[ Dragon Point ]

意とする同社。躍動感あふれる似顔絵は、結婚式のウェルカムボードにも人気だそうです。似顔絵は対面ではなく写真をもとに描かれます。



■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

MYA-K Art Studio(ミャクアートスタジオ)
代表 勝井寛昭
滋賀県甲賀市水口町北泉1-36
TEL. 0748-64-6820 FAX. 0748-64-6819
Mail. info@mya-k.com
http://www.mya-k.com/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved