インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

15号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【よしみ工産株式会社】
人を愛する心と技術で、印刷業界のストロングスタイルを実践

あえて古臭く、泥臭く 地域密着型の印刷会社

藤波 創業してどのくらいですか。
小金丸 今年で59年になります。鉄の街・八幡の6畳間で、祖父が一人で創業したところから始まりました。
藤波 それが今では従業員100人の会社で、福岡や東京にも営業所があるんだから、大きく成長しましたね。
小金丸 順風満帆ではありませんでしたが、先代の時代から苦労を重ねてお客さまとともに歩んできました。
藤波 得意な印刷ジャンルはあるんですか。
小金丸 学校や行政関係の印刷物や記念史、論文集のような頁物の印刷物を得意としています。誌面校正に力を入れていて、常に6名の要員を設けています。
藤波 それは多いですよね?
小金丸 そうですね。今はデータがあれば、印刷ができる時代になりましたが、やはり人が作るものなので間違いは起こるものです。だからこそ、きちんと人の目で見て、気持ちを込めて作業をしていかなければなりません。
藤波 せっかく作ったものですもんね。
小金丸 デザイナーも、出力まで含めて5名を設けています。結局、どんな印刷会社も出力の仕組みが違うだけで、根幹の部分を人が作るのは同じです。現代のコストカットを優先した最先端のやり方とは違います。
藤波 良い意味での古さや泥臭さ≠感じます!


「ちょっと真面目すぎる」そんな社風がちょうどいい

藤波 ある意味で「安かろう早かろう」とは逆を行っていますね。
小金丸 印刷業に関わらず、今はコストの時代です。「家電量販店でチェックしたものをネットで買う」みたいな。弊社もネット印刷の金額で相見積もりを取られて「安くしてよ」と言われたりしますが、そこは「できません」と丁重にお断りすることもあります。
藤波 価格勝負ではないんですね。
小金丸 お客さまの希望に即してゼロベースから企画しますので、スピードを意識しつつも時間をかけて提案します。
藤波 その分、お客さまの希望にピッタリ合ったものができ上がるわけですか。
小金丸 印刷はあくまで手段です。中身にこそ価値があるんです。仮に印刷しなくても、その中身に価値があるものを作らないといけない。その意識は手放していません。
藤波 ちょっと真面目すぎるくらいの社風がいいですね。
小金丸 お客さまと接する時も笑顔や礼儀を順守するように、社員に教育しています。「仕事の前に、人である」の心がまず大事で、一人ひとりが会社の代表としての意識で他社に負けないような対応を心がけています。
藤波 それも「よしみ工産」の強みですね!


小さなことをコツコツと 人と技術で100年企業へ!

藤波 「公」のものを多く取り扱う会社として、この社風はピッタリですね。
小金丸 リングに上がる以上はプロとしての試合が求められると思います。それはプロレスも印刷も同じです。教育関係の印刷物など、やはり責任のあるものを取り扱う会社として、この社風は必要なものだと思っています。
藤波 今後の方向性を教えてください。
小金丸 私自身は、3人の子育てをしながらPTAや地域のまちづくり活動など、ボランティア活動にも力を入れています。これからは企業も公共心を持って、社会とともに歩んでいくべきですね。
藤波 独り勝ちの時代は終わりましたね。
小金丸 「人ありき」で物事を考え、地域とともに学び、成長する会社にしたいです。
藤波 夢は日本一の印刷会社ですか?
小金丸 いえいえ、そんな大きなことは。それよりも地域で愛される会社を実践していきたいです。社員にも、定年まで勤めてもらいたいですし。
藤波 100年企業を目指して。
小金丸 そうですね。将来の展望も当然ありますが、やはり今を、しっかりと見つめないと取り残されてしまう業界なんです。だから、目の前のことをコツコツ積み重ねていきたいですね。
藤波 長く続く企業に共通する技術と人が、ここにもあるなぁ!

 

[ Dragon Point ]

印刷会社なのに「よしみ工産」とは、不思議な響きだ。「よしみ=親しみのある」「工産=工夫して産み出す」の意味があり、「印刷」を社名に入れなかったところに「工夫をして事業を展開しなさい」という創業者の思いが込められている。「人材」を大切に、必要な人・時間・コストをあえて維持しつつ、今後も会社運営をしていこうとする姿に感銘を受けた。


■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

よしみ工産株式会社
常務取締役 小金丸 数嘉(こがねまる かずよし)

【本社】
 福岡県北九州市戸畑区天神1-13-5
 TEL. 093-882-1661 FAX. 093-881-8467

【福岡営業所】
 福岡県福岡市博多区博多駅前1-23-28
 TEL. 092-481-9559 FAX. 092-481-9966

【東京事務所】
 東京都文京区本郷3-26-1 本郷宮田ビル3階
 TEL. 03-5802-5601 FAX. 03-5802-5603

【新日鉄住金エンジニアリング鞄燻末ア所】
 福岡県北九州市戸畑区大字中原46-59
 新日鉄住金エンジニアリング劾館
 TEL. 093-872-5865 FAX. 093-881-2250

http://www.e-yoshimi.jp/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved